「ご先祖を大切に」

俳優:佐々木蔵之介さんはお父様で亡くなった際に「終活」を意識されたそうです。

リンク:俳優・佐々木蔵之介さん 父を亡くし…50歳、終活を意識 心に残った「先祖を大切に」

 

佐々木さんは造り酒屋の次男坊として、亡くなったお父様より稼業に入ることを想定されていたそうですが、社会人として数年が経った時、自身の道「俳優」を目指したそうです。予想通り親子の関係は悪くなってしまったようですガーン

 

親子の考えの違いから距離感ができてしまうことがあるのが、終活や相続です。

 

佐々木さんは生前のお父さんと和解ができたそうですが、亡くなるまで和解できない親子が数多くいます。

 

親子のコミュニケーションが従来以上に必要な時代になり、忙しい時代だからこそ、ご先祖を意識し、大切にする時代になったと思います。