遺産相続では、亡くなった人の遺言などにかかわらず、配偶者や子供に最低限の取り分を保障する「遺留分」という仕組みがあります。

 

生前に贈与した財産も遺留分の計算対象となり、相続分の譲渡が贈与にあたるとした今回の判断により、譲渡されなかった子にも最低限の取り分が保障される可能性があります。

 

高齢者が増えるということは「高齢者に合わせた世の中になり、法律が変化をする」ということを意味します。

 

法律が関係することは知識、経験が伴う為、専門家がどうしても必要になります。

 

人の力を借りることは悪い事ではありません。生前整理の一環として、将来の相続に向き合うことも大事ですニコニコ

 

「相続分譲渡は贈与」 最高裁が初判断 日本経済新聞リンク

 

一般社団法人:生前整理普及協会はこちら