20120513

テーマ:

青森山田高校まで行ってきた。


高円宮杯プレミアリーグ。


遠征してきたヴェルディユースは選手15人。


前半ウィリー(と昔呼ばれてたけど、もうそう呼ぶほどは可愛くないかもにひひ)がキャッチに出たところで相手選手に激突。


試合再開された後も痛そうだったけど、控がいない。


頑張りましたビックリマーク


ずっと攻めていたけれど、点が取れなくて。


後半、圭史が見事に抜け出したところで倒されてPK。


圭史がPKとるなんて、レアでしょ~。


だれが蹴るのかと思えば、翔哉がもうスタンバイしてた。


…けど枠からはずれた。


いやな感じ。


たまにくらうカウンターは鋭くていいシュートがとんできたし。


あの11番上手いな、アルゼンチン人みたい、マラドーナだと観客席のサッカー関係者がつぶやいてた。


残り時間わずか。


その11番、まさにマラドーナばりの、真ん中ぶち抜くドリブルシュート!!


決めちゃいました。


直輝、今何人抜いた?と観客席のご父兄が確認し合ってたけど、何人だったろう?


花巻支部が来てたので、完全アウェイというわけでもなかったけど、一角だけで狂喜乱舞の大盛り上がりアップ



その後混戦のなかダメ押しの1点。翔哉ニコニコ



青森という地に一度行ってみたかった。やっと実現。


かの有名な青森山田高校はこんな環境なのかと、行ってみなければわからないこと。


正門で、サッカー見に来たんですけど、グラウンドどこですか?と問うと、生徒が案内してくれた。


古い校舎が並ぶ。


人工芝のグラウンドには、木製の雛壇になった観客席が組まれていた。


近隣の児童生徒たちも見学にやってきていたみたい。


さすがの観客数。


ハーフタイムには、花巻支部の菊池利三さんと少しお話できた。


来られたのは、試合見学と、この後試合があるからという話だった。


花巻の子たちがいたのは、心強かった。


応援に来られていたご父兄ももちろん数少なかったわけで。


行きの東京駅のエスカレーターで布施君ママにあいさつされたときはびっくりしてコケて、先行き思いやられたけれど、順調に行って勝って帰ってこられて、よかったぁ音譜









AD