先生デビュー!!

テーマ:

三島市にある「介護老人保健施設 梅名の里」は、昨年の8月より『うめな学園』と称して学校形式のリハビリに取り組んでいます学校

普段は職員が先生ご利用者が生徒という関係で、月曜日から金曜日まで毎日4コマの授業を行っていますメモ

昨日の3時間目の授業で、こんな光景が見られましたドキドキ



「いつかはこんな日が来たらいいなぁ~ラブラブ」と思っていたのですが、梅名の里に入所しているご利用者が先生として授業を受け持ってくれたのですビックリマークビックリマーク

そして授業の内容は・・・

「お盆を作られた方について」という仏教のお話でした目

こちらは、K先生が自らパソコンを使って作成された授業のプリントです本



授業の前日まで、何度も考えて手直しをされていましたパソコン


K先生曰く、「80歳の手習い」だそうです。
私たちも見習わなければなりませんひらめき電球

昔、身延の大学で20年間通って学んでこられたことをお話してくださいましたニコニコ

仏様を供養することが、自分の先祖だけでなく、多くの仏様への供養へと繋がっているお話は初めて知りましたし、私も多くの人から助けられながら生きていることを改めて考えさせられました。


最後にほっこりするお話。


生徒さんから質問を受け付けたところ、90歳過ぎの生徒さんと次のようなやりとりがありました。


生徒さん:「先生おいくつなの?」

K先生:「82歳」

生徒さん:「まだ若いじゃん!」


思わず笑みがこぼれましたニコニコ