どうも!

 

 

 かっきーです!

 

 

 今日は午後から梅田に行ってきました!

相変わらずの人の多さでしたね~キョロキョロ

 

グランフロントもすごい人ですが、グランフロント北館は結構空いてるのでちょこっと時間つぶしてました。

 

 

 遅くなりましたが、今日の目的はというと

「不妊治療クリニックに訪れる」です。

 

こっからめっちゃ淡々と書くよ。笑

 

現状僕は、脊損になってから自立射精ができていないです。

 

ということは将来パートナーガできても自然妊娠ができないということです。

 

となると?

 

人工妊娠になりますね。

 

ということで、将来を見越して精巣精子回収術TESEをしたい。

これはその名の通り手術で精巣から精子を取り出す手術で、その後は冷凍保存をするものです。

 

ちなみに脊損になると座りっぱなしのせいで股間に熱がこもり精子の質や数が減少する可能性も高くなる。

汗がかけない人は特に注意が必要。(僕は幸い汗をかく)

 

脊損は症状がさまざまなので中には色々チャレンジして射精できるようになる人もいます。僕ももしかしたらいつかできるかもしれない。

ただできるようになる保証はないので、早い段階で冷凍保存しておきたい。

いつかパートナーができて子どもがほしいとなったときに手遅れにならないために・・・。

 

 

はい、こんな感じで今日はTESEのための初診診察を行ってきましたニコニコ

 

今日は検査だったので、まずは睾丸に超音波の機械当てて睾丸の様子を診てもらいました。

見た感じはちゃんと精子はありそうだとのことです。

 

その後、血液検査でホルモン検査と染色体遺伝子検査、これの結果は3週間後にわかるので、その後に予約取ってまた診察を受ける予定です。

 

これで特に問題なければシンプルTESEで21万、異常があって採取が大変になる場合はマイクロTESEで46万だそうです。

その後の冷凍保存は初年度3万でその後2万。

 

今回の血液検査はホルモン検査が1万3千円ほど(これだけ保険効きます)、染色体遺伝子検査が3万2千円ほど

 

ふむ、なかなかお金のかかることなんですね笑い泣き

 

でも将来のためにこれは仕方ない!

とりあえずは血液検査の結果待ちです。

相変わらず採血は苦手ですが耐えたよ滝汗

 

 

不妊治療のクリニックによっては、パートナーがいる状態じゃないとTESE受け付けないところもあります。

1つ目大阪の有名なIVFなんばクリニックでそれで断られたので、ツイッターでつながってる方に今日行ったリプロダクションクリニック大阪を紹介してもらったんです。

 

 

 

 クリニック終了後はバレーの知り合いの方とグランフロントの餃子屋で晩御飯ラブ

車で行ったのでお酒飲めないのが残念でしたが、餃子や小籠包はとても美味しかったですウインク

 

 

美味しそうなもの載せて重苦しい空気を和らげていく作戦グラサン

 

 

 

 さて、男性が脊損になると射精ができなくなり将来について不安に思うことがあると思います。

僕も受傷当時めっちゃめちゃ不安でキドリハ通信を教えていただいてそこで知ったくらいで、ほかにこのこと書いてる人少なかったのでタラー

 

なので僕はデリケートな問題ですが発信していこうと思います。

今後このTESEが進んでいくにつれて経過も書いていきます。

いつかは動画で話せたらいいんですけどね笑い泣き

 

まぁそんな感じで~(笑)

 

それでは!!                            おわり

 

 

 

いつもブログを見てくださりありがとうございます。爆笑
【いいね】や【コメント】や【リブログ】は随時受け付けております!!コアラ
して頂けるとモチベーションも上がりさらなる励みになりますので、ドシドシお願いいたしますお願い
個人的なご質問はメッセージからでも受け付けております!
これからも当ブログをよろしくお願いいたしますキラキラ

どくしゃになってね!

 

おでかけ、リハビリ、車いすの日常などアップしていきますカメラ

右差し右差し右差しかっきーのYouTubeページ左差し左差し左差し

 

再生医療やロボットスーツHALを使ったリハビリもしてますランニング

右差し右差し右差しこちらのテーマ一覧よりご覧ください左差し左差し左差し

 

Yahoo!ネット募金 山中伸弥所長率いる京都大学iPS細胞研究所に安定した研究環境を! 

僕も毎月募金させてもらってます爆  笑キラキラ

(クレジットカードは100円から、Tポイントカードは1円から募金ができます。所要時間は2~3分ほど。)