4人姉妹の40年間 〜 生きる、老いる、死ぬ 1 | 『自分と家族の健康は、自前で築く』整体カウンセラーのブログ

健康法を説くとき、

いかに生きるか、いかに老いるか、そしていかに死ぬか。

このことが前提でなければならないと、私は思っています。

 

永遠の命や、永遠の若さが可能であるかのような健康法は、

そっちの世界の方に任せておいて(笑)、

私達は現実的な方法を採用した方が良いかと思っています。

 

私を含め、どんな人間でも、

産まれて生きて、老いて、死ぬことになっています。

 

生きて、老いて、死ぬ。

これを特別なことと見なす事は、得策ではないと思います。

現実から目を外すとその分、

余分に苦労し、絵空事に人生を浪費・空費することになるからです。

絵空事より面白く、はるかに刺激的なのが、この現実です。

絵空事は、向き合えば向き合うほど、苦労も多く虚しくなりますが、

現実は、向き合えば向き合うほど、面白くなる性質のものだからです。

 

 

ネットの記事で、大変印象的なものを見ました。

生老病死、この参考になるようなものです。

https://dailynewsagency.com/2014/10/06/forty-portraits-in-forty-years-qzt/

写真がこちらから、拝借いたしました。まずければ、記事を削除します。

 

 

 

1975年この当時で、10代後半から20代前半の4人姉妹です。

 

なんとなく仲が良い感じは分かりますが、それぞれみんな尖っていますよね。

そして自分達が何者か、求めているような感じもします。

 

1975年と言えば、ベトナム戦争終結の年で、

それまでのアメリカの価値観が崩れるような時ですから、

そうした時代の勢いもあるのかもしれませんね。

色々な意味で、20歳前後の若者と言う感じがします。

 

 

 

印象的になるのが、初めての写真から20年以上経った頃です。

明らかに、4人の距離が縮まっていますね。

 

そして、リンク先に飛べば分かるように、子供も何人か生まれているのです。

当然家族の中で、職場で、実に色々な経験をしてきて、

たどり着いたこの瞬間です。

 

4人で変わらずに写っていくということが、

どれだけ大変なことか、そしてどれだけ貴重なことか、

身に沁みているのではないでしょうか。

 

お互いを慈愛、信頼しあい、かけがえのなさが、

にじみ出ている写真に思います。

 

 

https://dailynewsagency.com/2014/10/06/forty-portraits-in-forty-years-qzt/

 

 

2013年の写真を最後に、この約40年間の写真が終わります。

4人のうちの1人が、亡くなったことが原因だそうです。

 

死というものは、誰にでも訪れます。

死というものを客観的に見るならば、

それはマイナスの意味もありますが、同程度のプラスの意味もあります。

世界が進歩すると言う意味では、

現況を見る限り、人の死は、プラスの意味の方が多いような気がします。

 

みんな順番ですし、今まで死ななかったも者は、1人もいない。

そして向こうの世界が嫌で、帰ってきたも者も、1人もいないのだから、

よほど楽しい世界が、向こうにあるのでしょう。

全員死ぬけど、全員楽しめる世界。

そんな世界が、死の次にはあるのかもしれませんね。

 

死は、誰にでも来るものです。

当然、私吉田にも、どのくらい先か分かりませんが、必ず来ます。

 

その時に、

「よし、これならいい。行こうか」

と思えるように、なっていたいと思っています。

 

このために、逆算して計画を立てています。

直前になって、焦り、後悔し、みまかるのは、

どちらかと言えば避けたい選択ですからね。

 

大事な事は、後悔なくこの世を卒業することだと思います。

 

 

 

死を前提にした、健康法を打ち立てること。

死を前提にして、どう生きていくか決めるということが、私達には必要です。

 

私の拙い経験では、死をどう迎え入れるかは、

しっかりした体が最期まであることが、大きような気がします。

なので、私は今後も整体を続けていくつもりです。

 

自分の命を、自分が納得いくように飾るために、

整体はあって欲しいオプションだからです。

 

 

https://dailynewsagency.com/2014/10/06/forty-portraits-in-forty-years-qzt/


皆様は、このリンク先から何を感じましたか?

今後にどう活かしますか?

今日これからに、どう活かしますか?

 

何かの参考になれば幸いです。

 

 

(つづく)

(感謝)

 

セルフ整体道場・新宿天心会   吉田直樹 拝
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
件名の頭には見分けるために、「●」をつけて送信して下さいね。
メール送信前に、一度こちらをご覧下さい http://goo.gl/aGZkx7
アメブロ・友達・操法などの申請の前は、こちらを → http://goo.gl/MOg36d
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
Mail : tensin7kouda@gmail.com
HP : http://www.tensindou.info/