肩こりの時にマッサージ店などに行くと、必ず揉まれるのが僧帽筋という筋肉です。

首から肩甲骨、鎖骨に付く筋肉ですが、確かに肩こりの症状ではこの筋肉が固くなります。

でも、私の臨床経験によると、僧帽筋だけを施術で緩めても、すぐ症状が再発します。

実は見落とされているのが脇の下の筋肉。

専門的なお話になりますが、広背筋、大円筋、小円筋などです。

これらの筋肉が固くなると、肩甲骨を下に引っ張ってブレーキになって、僧帽筋に負担をかけてしまいます。

私も肩がつらい時にマッサージ店に行ったことがありますが、脇の下を施術されたことはありません。

当然、すぐにまた肩がつらくなりました。

肩こりの症状を本当に改善させるためには、脇の下のコリをほぐすことが重要です。


肩こりでお困りなら石狩市花川南の「整体院 熊さん」へ