字がうまくなる方法⑤「突く」

字がうまくなる方法⑤今回のテーマは「突く」です。

剣道では「突き~」というと竹刀(しない)を想像すると思いますが、

書くことにおいても突くということが必要になります。

きれいな文字(読みやすい文字)を書くという上では

とても大切なポイントになります。皆さんは、時間がかかっても

きれいな字を書きたいと思いますか。それは速く書いて

きれいに越したことがないと思いますよね。速く書いて見直したときに読めない、

一部がわからない、大事なところがわからないので文の意味がわからない。

などでは困ります。現代の先生の講義は録音しておけば

大丈夫だという人もいらっしゃると思いますが文字を起こす時間も、

書いたものを解読する時間も大変無駄な時間だと思います。

だからはじめから読みやすくて速く書くことがベストだということになります。

それならば、「突く」とということが必要になります。

たとえば、「中」という文字でしたら真ん中の縦棒を書く時には

下から突いて手の力を抜いてまっすぐに縦に線を引くということが大切になります。

下から上に「突く」ということができるということはとても大事です。

「中」横長い口の部分は置いておいて最後の縦の線は少なくとも

「突く」をした方がきれいで読みやすい文字になることは間違いありません。

どうぞ突くということを習得してください。今回のテーマは「突く」でした。

 

-----------------------------------------------------------------

 

このブログはカラーブラッシュアート(カラー書道)をしています、鎌田惺舟のブログです。

書道を5歳から行っていましたのでその経験を書かせていただいております。

皆様のお役に立てれば幸いです。ではまた。

 

カラーで書作品のブラッシュアートホームページ/Homepage

https://brush-art-japan.com


Facebook/フェイスブック

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

インスタグラム/Instagram

https://www.instagram.com/brush.art.japan/

カラーで書作品カラーブラッシュアート鎌田惺舟のブログ/Blog

https://www.brush-art-japan.com/blog/

カラー書作品のTシャツ・バッグ/Goods sales

https://suzuri.jp/Seisyu