なぜムシが近づかないか?

テーマ:

セイショー式農法の低経費な理由で

「草取り不要」は説明したつもり、なので

「ムシが近づかない」を説明しようと思う。


あ、科学的根拠は、調べ切れていないが、

ワタシの解釈


理由は、「ムシを寄せ付けるアンモニア/硝酸臭が少ないから」だ。


ちなみに神谷先生は、「硝酸臭がないから」と説明していました。


まず、ムシの定義。

害虫のことね。

作物を食い散らかすなどして、人間に害を及ぼすムシのことです。

益虫は含まない。

吉良商店敷地では、蝶 や テントウムシ は見たことあります。


次に、なぜムシが寄るか、です。

養分過多だから、です。

ボクは、作物が美味しいから、と思ってました。

しかし、そうではないみたい。

窒素を例に説明すると、

 アンモニア態窒素

 ↓

 硝酸態窒素

と変えたものを植物が取り込み、光合成する。(ココ が分かりやすい)

アンモニア/硝酸態が過剰だとムシが寄る。

ちなみに、モンシロチョウなんかは、アンモニア臭に近寄るらしい。


硝酸態窒素を含んだ植物は、食味がエグくなる。

食べすぎると危険である。

これらの害虫は、食害があるものを食べ、

食物連鎖の中で無害化していく有難いムシなのだ。

なずなの赤峰さんは、”神虫”と呼んでいる。


次に、なぜムシを寄せ付けなくすることができるか、だ。

窒素過多にしなければ良い。


家畜糞 のような 窒素分が多い堆肥だと、

光合成が少ない場合は、窒素過多になりやすい。

乱暴にいうと、曇りがちだと窒素過多になる。


神谷先生作 の 資材は 窒素固定菌 が含まれている。

窒素固定菌は、大気中から必要な分だけ、窒素を固定する。

作物が光合成し、窒素分がなくなると

その分だけ補給するようだ。

だから窒素過多になりにくいし、ムシを寄せ付けるニオイがしない。


ちなみに、窒素固定 といえば マメ科植物の根粒菌が知られている。

昔から、畑で 「マメと 一緒に育てると肥料が要らない」 と言われている。


考えすぎかもしれないが、

キラエース の 原料は 発酵大豆 が含まれる。

窒素固定菌 と マメ とは 相性がいいのかも。。 

AD

リブログ(1)

  • 害虫対策の1つ

     神谷さんにアブラナ科作物の栽培で害虫に困っている旨を相談しました。「あぁ、それは硝酸態(硝酸態窒素)の害だ。 ちまたの家畜糞堆肥を使うと、 食べて健康になる野菜など出来ん。 ウチの肥料には硝酸態窒素は入ってない。」~うーん、まぁ一つの考え方、、ですが、、硝酸態窒素っていうのは、葉に蓄えて…

    せいしょーせんせーのでし

    2017-02-04 23:55:00

リブログ一覧を見る