「願われている」ことなので

フォローやいいね!シェア、リブログは

どうぞご自由に!大歓迎です!

 

 

 

心は見えません。
でも、
なんともいえず疲れてる感じ、
肉体の疲労ではなく、
心が疲れてる感覚が続くとき、
私たちはいろんなことをします。

ヒーリング

パワースポット

占い

霊能者にみてもらう・・

 

指を切ると血が出て、傷が見えるから、
治るのも見えます。

でも、心の傷から血が出ても見えません。

傷も見えないから、治るのも見えません

 

私のメンター、
岩田静治先生、洋治先生は
そんな状態を
「エネルギーじゃじゃ漏れ」と教えてくださいます。

 

「エネルギー」という視座で見据えるのです。

この気づきが、わたしにとって大きな財産となっています。

 

先生はこう言われます。

「私たちは自分自身について、
二つのことを知らない。

一つは、自分自身の中にどれほどのエネルギーがあるのか。

もう一つは、そのエネルギーをどれほどブロックしているかだ。

普段私たちが

「自分とはこんなもんだ」

と思っている自分は、 本当の自分ではないと言えるでしょう。

まずは、エネルギーをブロックしているものを知ることから始めるのです。

 

私たちの無意識には
犠牲者、
子供、
売春婦(夫)、
つぶし屋
と、いう四つの元型が存在しており、
日常生活のさまざまな場面で私たちの思考と感情を乗っ取っていて

 

この状態で生きているのが
「エネルギーじゃじゃ漏れ」
ということです。


ほとんどの場合
無意識
無自覚
です。

 

例えば、
?「仕事なので一応ハイと答えているが、
腹落ちせずにやらされ感でいっぱい」(犠牲者)

 

?「放っといて。私は私や。注意されるとすぐにムクれる」(子供)

 

?「数字の結果が全て。仕事の喜びを見失い目標を追うことに疲れる」(売春婦)

 

?「心の中で既にあきらめている。どうせ言ったって無理。どうせ変わらない。
どうせダメなんだ。どうせ...」(つぶし屋)

 

というように。

いままで何気なく感じていたことを、
「あ、今元型に乗っ取られている!」と気づく力をつけることで、
少しずつ元型によってブロックされていたエネルギーが解放されていきます。

 

大切なのは、元型という言葉や概念を知ることではなく
それを自分の中に見つめる「力」をつけることです。

 

自分の中に元型が存在することは何の問題もありません。
問題はそれに無意識なことなのです。

 

すべての悩みの理由は自分の内側にある

私たちは自分に都合の悪いことは見ないようにします。


残念ながら、これが変化を遅らせています。

それを見ること、そしてそれが自分ではないと知ること、
これを日常現場の中でトレーニングしていくのです。

 

元型とは、人間ならば誰もが持っている傾向性です。
犠牲者は「許せない」と言い、
子供は「納得できない」と言う。
売春婦は「生きていくには仕方がない」と言い、
つぶし屋は「出来ない理由を言う」

 

今朝、

水素風呂に入ろうと
お風呂を洗って、
お湯を入れて、
準備して、
裸になって
風呂場に来たら、

お湯がない!

風呂の栓がキチンとハマってなくて、
じゃじゃ漏れ!!

これやーーー

 

 

エネルギーを受けにいったり
パワースポット行ったり、
ヒーラーに会う前に
エネルギーの漏れを止めるんやーー!!

 

おすすめの連載シリーズ

ぜひ読んでみてほしいお話。これを読めばあなたも日本に産まれてきた意味を思い出すかもしれません。

ユダヤ人に教わった人生で大切なこと

日本人が知らないといけない話

人生の師 糸川英夫博士の教え

人生が変わる聖書漫談

赤塚高仁流人生の成功論

幸運と健康をもたらす家