精神分析の夢判断で、無意識に眠る「生きる意味」を探す!

精神分析の夢判断で、無意識に眠る「生きる意味」を探す!

身体の不調、気持ちの不調、人間関係や恋愛の不調。精神分析の理論を使って無意識をさぐりだし、生きる意味を創出するサポートをしています。

夢分析は、こんな方に適しています!

 ・カウンセリングやコーチングで、うまく自分の気持ちを言葉にできない


 ・幼い頃の記憶をたどっても、昔のことが思い出せない

 ・自分のやりたいことが思いつかない

 ・話を聞いてもらいたいのではなく、原因が知りたい


夢分析の事例を紹介した無料メールセミナーはこちら



Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
ママのための子どもコーチング講座を、

下記のとおり開催いたします。(普段は不定期開催です)

ぜひいらしてください!

 




 

ママがコーチングを勉強すると、子どもの性格がかわります!


ママのための子どもコーチング講座




開催日:2015年09月28日(月)



セミナー内容



セミナー概要


お子さんの良いところを、ふんだんに伸ばしてあげられて、

 

夢をできる限り応援できるようになればいいな、って思いませんか?!

 

子どもは、大人よりも語彙力や知識の少ないから、

大人とは別のコーチングスキルが必要!!

 

ということで、


 

子どもの心理を十分に理解したカウンセラー嶋田恭子が、


 

子どもに特化したコーチングをお伝えします!

 



加えて、ママの愛情がより伝わるような方法を、

 

120分でお伝えします!!

 

ママの対応が変われば、

子どもの心が変わります。

 

お茶をしながら、一緒に勉強をしましょう。

セミナー詳細




  • コーチングって何をすること?

  • ママの愛情はどう伝わっているか?

  • 子どもがイキイキとするために、ママが出来ること

  • ママがコーチングを勉強することの意義

  • コーチングでやってはいけないこと-極意教えますなど



こんな人にオススメ






  • 自分の子育てにもう少し自信を持ちたい人

  • もっと子どもの人生を豊かにしてあげたいと思う人

  • ママの愛情を100%子どもに伝える方法を知りたい人

  • 心理学における「正しい子育て」は何か、を知りたい人

  • オールOK子育てに関心がある人


期待できる効果




  • お子さんがイキイキとして、笑顔が増えます

  • ママも子育てに自信が持てます

  • 子どもの成長を楽しめるようになります

  • 感情をコントロールする方法がわかります












































日程2015年09月28日(月) 10時30分 ~ 12時30分
受付開始09時45分
受講料5000円
定員6 名
申込期限2015年09月27日
会場Kokoro Integrate 清澄白河オフィス≪住所≫東京都江東区常盤2-12-12≪アクセス≫東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅 A1出口より徒歩2分   MAPを見る
持参物筆記用具
主催・共催Kokoro Integrate
当日の連絡先090-3595-3538




講師紹介







子育てカウンセラー 嶋田 恭子


東京生まれ。慶應義塾大学卒。 精神分析の理論「夢分析」を用い、女性の無意識を探る専門家。

無意識に眠る”本当の自分”を分析し、それぞれの女性が「生きる意味」を創出していくための心理サポートを行っている。

「子育てに幸せを感じる母親が増えれば、幸せな子供が増えて、日本の将来は明るくなる」との信念で、日々奮闘中。


>>続きを読む


 







子どもがイキイキとするコーチング術を120分でお伝えします!

 

子どもの笑顔は、

ママの栄養剤!

 

100%の愛情を伝えて、

子どもの成長をサポートしましょう♪










 

お申込み方法


こちらからお申込みください↓↓

http://www.seminars.jp/s/152649

 

お申込みお待ちしております!

 

テーマ:
毎週金曜にEテレで放送されている白熱教室シリーズで、
心と脳の白熱教室』というのが放映されていて、

昨日が最終回でした。
(きっといつか再放送されるかと思いますので、ご興味ある方は見てみてください!)
http://www.nhk.or.jp/hakunetsu/personality/150814.html

 

 

イギリスのオックスフォード大学、
エレーヌ・フォックス教授は脳科学の研究者で、

脳には楽観脳悲観脳がある、というのを紹介しています。

 

そして、最終回のまとめでは、次のように述べていました。

 

***ここから、フォックス教授の講義の要約です***

 

人の性格を決めるのは、3つの要素だと言えます。

1、DNA(遺伝)
2、環境
3、物事をどのように捉えるか(認知方法)

 

1、DNAというのは、生まれもったものなので、変えようがありません。

2、環境についても、急に変えることは難しいかもしれません。

 

だけど、3、物事の捉え方は、自分の力で変えられます

 

認知領域に関して、人は、

訓練さえすれば変化をもたらすことができるのだと、科学的には証明がされています。

 

ただ、最大の難関は、これを地道に続けることです。

 

健康のためにジムに通うのと同じで、

10分のトレーニングを1日だけやってみても、身体は何にも変わりません。

 

ただ、1年間通い続ければ、

1日たった10分のトレーニングでも

明らかに身体が健康になることがわかるでしょう。

 

私は、100%の楽観脳がいいとは考えていません。

大切なのは、楽観と悲観のバランスです。

 

確かに、楽観脳が健康に良い、という研究結果はたくさんありますが、

悲観脳のせいで社会生活に支障が無ければ、
特に性格を変える努力はしなくてもいいかもしれません。

 

ただ、自分が少しでも楽観脳のバランスを高めていきたいのであれば、

少しでもいいから、継続して続けていくこと。

 

そうすれば、確実に性格は変えることができるのだと言えます。

 

***要約おしまい***

 

脳科学を研究しているフォックス教授の考え方は、

まさに精神分析の「無意識の書き換えられる」という考え方と同じです。

 

ただ、フォックス教授は、

 

「では、どうやって認知方法を変えていくのか?」

 

というところまでは言及していません。

 

 

「認知を変えていく」という方法としてよく出てくるのは、

認知療法(考え方のクセを直していく方法)です。

 

最近、うつ病の治療に取り入れているクリニックも多いと思います。

 

精神分析も認知療法に近い部分はありますが、

どうしてそのような認知方法を身につけてしまったのか?という原因を突き止めることで、

自分の位置を自覚して、前に進もう、という部分に差があります。

 

※認知療法では、過去ではなく、未来を見るため、原因までは探りません。

 

過去を見てしまうと辛いことを思い出してしまって嫌だ、という人には、過去には一切目をむけない認知療法が向いているかもしれません。

 

ただ、もしあなたが、

辛い過去だったかもしれないけど、自分の気持ちと向き合いたい、とか、
どうしてこういう考え方になってしまったのか、原因が知りたい、と思うのであれば、

 

ぜひ一度精神分析を受けてみると良いかもしれません。

 

性格は変えられます。
ネガティブ思考から、ポジティブ思考に。

 

ポジティブ思考になれたら、人生が明るくなるような気がしませんか??

 

 

---------------------------------------------

【嶋田恭子の 精神分析コーチング】

7日間のメールセミナーを始めました♪


「精神分析で、無意識をポジティブに書き換える方法」

1日1通、精神分析のことについてメールをお届けします。
全て読んで頂くと、なんとなく精神分析とはなにかがわかると思います。

登録は無料ですので、ぜひ読んでみてください!


↓クリックすると登録画面に移行します。



テーマ:
「子育てには正解はない」とは言うけれど、

私は、「間違いはある」って思っています。

 

だけど、ママパパの中には、

その間違いに気が付いていない人もいるだろうなあと思います。

 

そして、「間違いだったのではないか?」と不安になるのは、

きっと、子どもがなにか問題を起こしたとき

 

例えば、子どもがいじめにあったり、

逆にいじめの加害者になったり、

不登校になったり、万引きや窃盗を繰り返したり。

 

そうなって初めて、

親は「自分の育て方の何がいけなかったのだろう…?」と

振り返ることになります。

 

では、「子育てにおける間違い」ってなんでしょう…?

 

さすがに、虐待レベルになれば、

「それは間違っている」と認識される方は多いと思います。

 

だけど、子どもへの声かけというレベルにも間違いが存在するということは、

あまり知られていないんだろうなって思うわけです。

 

特に、子どもが問題行動や事故を起こす場合は、

親が知らず知らずのうちにとってしまっている行動が

子どもに大きな影響を与えていることがよくあります。

 

例えば、子どもって、誰かをいじめる時「無視をする」ことがあります。

 

それって、そのいじめっ子がきっと、

無視をされることは辛いんだってことをよく知っているからです。

 

ではなぜ知っているのか、と言えば、

家庭で無視されたことがあるからですよね。

 

きっと親としては、子どもを無視したなんて記憶は全然ないかもしれません。

 

だけど、子どもが「無視されることって辛いんだ」って学んでしまったというのは、

何かしら、親に無視された経験をしているに違いないのです。

 

 

親は無意識、

だけど、子供には大きな影響を及ぼしている…

 

そんな出来事は、たっくさん存在しています。

 

 

また、子育ては基本的に、

自分がされてきたことと同じことを繰り返します。

 

そして、子育て方法が間違っているかどうかなんて、

教えてくれる人はほとんどいません。

 

なので、「子どもをどう育てるのが良いことなのか?」なんて、

知らなくて当たり前だと思います。

 

ただ、実際に鬱病などで心に悩みを抱えてカウンセリングにいらっしゃる方々は、

話を聞いていると、おしなべて、間違った子育ての元で育った過去があります。

 

おそらく、その方々を育てた親世代も、

何が正しいかがわからず、

知らず知らずのうちに子どもの心に負荷をかけてしまっていたのだと思います。

 

その証拠に、クライアントさんが勇気を出して

「お母さんにこう言われたことが本当は嫌だった」と訴えに行くと、

親御さんからは「そんなこと言ったっけ?」と言われることがあります。

 

子どもを傷つけてしまった自覚もなければ、記憶すらないわけですよね。

 

けどこれってきっと、愛情がなかったわけではなくて、

本当にただ、知らなかっただけなんだと思います。

 

***

 

逆に考えれば、

知っていれば防げたことだってたくさんあるわけです。

 

例えば、

親が無意識に「あなたって本番に弱いから何かミスしないか心配よ、今回も何か忘れ物してない?」と言って試合に送る出すかわりに、

 

「あなたは本番に強いから大丈夫!いってらっしゃい!」と送りだした場合、

 

なんだか後者の方が、元気が出て、実力を発揮できそうな気がしませんか?

 

実際、心配されることよりも、応援だけをされた方が

子どもは力を発揮します。

 

そうだと知っていれば、

きっと親御さんは、ネガティブなことをイメージさせる発言はしないはずです。

 

***

 

私は無意識分析の専門家です。

 

無意識がどのように人の考え方に作用しているのかを知っているカウンセラーだからこそ、

 

知らず知らずのうちに間違った子育てをしていないかどうか

世の中のママパパにもっと考えてもらいたいと思っています。

 

無知は罪。

 

そうならないように願うばかりです。

 

***

 

幸せな世の中を作っていくには、

社会の基盤である「家庭」が大切です。

 

親が正しい子育てができるようになれば、

幸せな子どもが育ち、家庭に笑顔が増えます。

 

私のところへいらしてくだされば、

子育ての中で間違っている部分はあるのかないのか、

 

心理カウンセラーの立場から、

中立的かつ客観的に判断してお伝えすることができます。

 

ほんとうは、自分の子育てを指摘されるのって、

あまりいい気分ではないと思います。。

 

だけど、子どものために自分の行動を変えてみよう!という

勇気あるママパパがどんどん増えるといいなと思っています。

テーマ:
こんにちわ、夢分析カウンセラーの嶋田恭子です。

ここ数カ月、自分のポリシーの軸づくりに勤しんでおりました。

これまで、「ネガティブな思考をポジティブにする」という考え方で
どのような悩みも対応してきましたが、

どんな人に理論を伝えたいのか…
精神分析で、どういった無意識を分析したいのか…
自分の一番興味のある分野はなにか…。

というのを、もっともっと具体的に考えてみようと思い、

現段階で一番伝えたい人を「子育てをしている母親の方々」と設定してみました。

とはいえ、母親ではない方からの相談を受け付けないわけではなく、

悩みに関しては、全般的に受け付けています。

精神分析を使った心理カウンセリングの中でも、
特に「母親向け」のカウンセリングが得意なんですよ、というのを
全面に出そうという次第です。


ということで、

精神分析で相談にのっていきたい相手は、
基本的に「子育てで悩んでいるお母さん」で、

例えば、こんな悩みを持っている方かな…と考えています。

・自分の子育てが間違っているのではないか?と不安
・周りの人と比べてしまって、自分の子育てに自信がない
・ついカッとなって怒鳴ったり手をあげたりして、子どもの心がひどく傷ついているのではないかと心配
・自分の子どもがいじめられているのでは?と想像して心配になる
・子どもがなついてくれない
・自分は母親失格だと思う

などなど…

親としての自信が極度に低かったり、
自分自身が何をしたいのかわからなくなってたりする方向けに、

子育て&子どもとの関わり方について、
精神分析によるカウンセリングを行います。

追って、メールセミナーの内容も一新したいと思いますので、
乞うご期待!

今後ともよろしくお願いいたします!


夢分析カウンセラー 嶋田 恭子

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス