目袋:目の下のくま治療 経結膜下脱脂術 | 聖心美容クリニック 伊藤哲郎

聖心美容クリニック 伊藤哲郎

でもほぼ美容以外ブログ


テーマ:

くまといってもいろいろな原因がありますが、今回は40代男性の目の下が膨らんでいる目袋の症例です。

目袋の正体は目の奥にある眼窩脂肪が表側に押し出されて膨らみを形成していることにあります。

皮膚のたるみがなければ、まぶたの内側から脂肪を取ることで膨らみをなくすことができます。(経結膜下脱脂術)

 

この方法でしたら、術後の腫れも3,4日程度で、内出血もさほどでないので、化粧で隠したり出来ない男性でも受けやすい手術です。

こちらが術後3ヶ月の写真です。

撮影条件の違いで色合いが異なっておりますが、膨らみがなくなっているのがわかります。

また、目袋によって埋もれ、はっきりとしていなかった涙袋も復活し、より若々しくなりました。

 

 

経結膜下脱脂術
【術式の概要】結膜側に小切開を加え、適宜、眼窩脂肪を摘出。
【リスク・副作用】術後の腫れ、痛み、内出血、結膜浮腫、くぼみや段差、小じわの出現。
【費用】30万円(税抜)

伊藤哲郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります