他院修正:広すぎる二重幅を狭く 抜糸直後 | 聖心美容クリニック 伊藤哲郎

聖心美容クリニック 伊藤哲郎

でもほぼ美容以外ブログ


テーマ:

気付けば、3月も終わろうとしてました。

 

ブログの更新もしておらず・・・・

 

さて、今日は他院修正の症例です。

 

こちらが術前の写真。

一目でもわかるほど、二重幅に左右差があります。

閉眼時でも重瞼線が左に比べて、明らかに広いです。

 

このぐらい左右差があると、他人からも指摘されることが多く、右目を狭くしたいというご希望でした。

 

二重幅を狭くすることは広くすることよりも格段に難易度が上がります。

今回の手術では右目の切開線より睫毛側の皮膚を切除し、癒着を剥離し、再度狭いラインで重瞼線を作りました。

前医では目の開きもよくするため、挙筋腱膜前転術も行ったようでした。しかし、術中に確認すると固定も外れ、挙筋腱膜が無残な状態に・・・・可及的に修復し再固定。

 

こちらが1週間の抜糸直後です。

抜糸直後にしては腫れも少なく、左右差も改善されており、患者様にも満足して頂けました。

閉眼時ではまだ傷の赤みもありますが、徐々に落ち着き、こちらも問題なさそうです。

 

二重の修正はすべてがうまくいくというわけではありませんが、お悩みの方ぜひ一度ご相談して頂くのも良いと思います。

 

 

 

伊藤哲郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります