聖心美容クリニック 伊藤哲郎

でもほぼ美容以外ブログ


テーマ:

今年の文学賞はカズオ・イシグロに贈られました。

 

当ブログでも4年前に「わたしを離さないで」を紹介していました。少し前に日本でドラマ化されたので、知っている人は多いと思います。

読書「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ 著

 

科学の分野にて重大な発見などにたいしてノーベル賞が贈られるというのはわかりやすいのですが、文学賞ってあまりピンと来ない・・・・

まだまだ私の読書力が至らないということなのでしょう。

 

せっかくなので、他の作品も読んでみたいと思いますが、やはりブッカー賞の「日の名残り」がよいのかな。

 

 

ノーベル文学賞つながりでしたら、2012年の莫言もよかったです。

読書「白檀の刑」莫言 著

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{5CB82CD6-DF1C-4365-929F-296B68C16882}
なかなかジムに行けずにいますが、細々とは続けているクライミング。
 
2020年の正式種目となったことで、メディアでもよく取り上げられるようになり、競技人口もますます増えてましたが、これといってよい教則本は出版されていなかったです。
 
10月に発売された、クライミングジムで有名なPUMP監修で出版されたのがその名も「CLIMBER'S BIBLE」。
 
ムーブの解説から様々な目的を応じたトレーニング方法の紹介、さらには中長期のトレーニングメニューの組み方など、上下巻にわたる500ページ超えのボリュームは、まさにバイブルという名にふさわしいです。
 
初心者のみならず、幅広いクライマーにお勧めできる内容と思います。
私自身コンペに出ようとしてるわけでもないので、オーバースペック気味ではありますが、万年4級ヘタレクライマーから脱却すべくまずは熟読したいと・・・
 
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日ご紹介する症例は二重埋没法です。

 

元々一重ですが、たるみによってだいぶ被さりが生じています。

 

一見すると目の開きが悪く見えてしまいますが、被さりが強くそのように見えていることが多いです。

よく眼瞼下垂と間違われる状態ですね。

たるみの場合には眉下切開が自然に仕上がり、よいのですが、切りたくないという患者様にとっては埋没法がおすすめのこともあります。

 

こちらが埋没法にて二重にした後の写真です。

被さりが目立たなくなる程度の控えめな二重幅としたので、とても自然な仕上がりとなっています。

 

この症例では二重幅を広げるだけでとてもキレイになりましたが、たるみの程度によっては不自然になることもあります。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)