二重切開法 他院術後 | 美容外科医 佐々木直美Blog

美容外科医 佐々木直美Blog

聖心美容クリニック 横浜院の院長とスタッフのブログ

横浜院院長の佐々木です。

 

20代女性  他院術後に二重切開法での修正症例です。

過去に切開法で二重をつくりましたが、ラインが浅いとのことでした。

 

折れ曲がりがしっかりつき、安定したラインが得られました。

 

過去の施術でのラインは、二重手術だけで平行型を再現しようとして中央だけゆるく

くいこませるという方針をとったのかも知れません。それなりの厚みがあって二重になりにくい要素があるまぶたには、それでは安定した二重が得られないことが多いです。

 

斜めから見た時にわかるように、二重ラインとまつげの間の皮膚が余り、ぱっちりと

開ききっていないような形にもなりがち。

内部の固定位置を、まぶたを開ける力を伝える組織である眼窩隔膜において、まつげ側の

皮膚が目を開いた時にほどよくひきこまれるようにします。

 

本症例ではひとまずここでご満足いただきましたが、このような目の形と二重幅で平行型にするには、しっかり安定した二重をつくってから目頭切開などを加えていく方針をとるのが

良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

【手術の概要】

皮膚切開を加え、必要に応じて余分な皮膚や眼輪筋を切除、組織を縫合し重瞼線を作成。

 

【リスク・副作用】

術後の腫れ、痛み、内出血、目の開きや二重幅の左右差、傷痕、二重の消失、シスト形成、

ドライアイ症状、眼瞼痙攣。

 

【費用】

\330000(税込)

 

 

 

 

instagramもやっています。よろしければフォローしてください。

 


ゆめみる宝石聖心美容クリニック 横浜院ゆめみる宝石
https://www.yokohamain.com/
ご予約は、フリーコール0120-911-935までまじかるクラウン
お電話お待ちしておりますスマホ