目の上のくぼみと二重幅の関係 | 美容外科医 佐々木直美Blog

美容外科医 佐々木直美Blog

聖心美容クリニック 横浜院の院長とスタッフのブログ

横浜院院長の佐々木です。

 

目の上のくぼみ治療の症例写真です。

当院ではプレミアムPRP皮膚再生療法で治療しています。

 

60代女性 上:処置前、下:処置後2年

処置前は目の上に眼窩の縁が見えるようなくぼみが目立ちます。斜めから見るとより

顕著で、かなり深く皮膚が折りたたまれるような状態です。

 

処置後はきれいにくぼみがなくなっています。

 

目の上のくぼみを改善すると、二重の上にかぶさる皮膚は多くなり、二重幅は狭く見える

傾向にあります。
日本人の顔としては骨の形が見えるほどのくぼみはない方が好まれることが多いですが、

二重幅が狭く見えるのが気になる場合は、眉下切開等でたるみ取りの施術を加えるのも良い選択でしょう。

 

この程度の変化であれば、自覚的にまぶたが重いと感じるほどではないのでご安心

ください。

 

 

【治療の概要】

患者様自身のPRP(多血小板血漿)に成長因子(ヒト線維芽細胞増殖因子)、

塩化カルシウムの注入。

 

【リスク・副作用】

浮腫、痛み、斑状出血、皮下結節、皮下色素沈着、アレルギー反応、異常増殖、悪性腫瘍の既往がある場合腫瘍の増大。

 

【費用】

¥29万(税別)

 

 

 

 

 

instagramもやっています。よろしければフォローしてください。

 


ゆめみる宝石聖心美容クリニック 横浜院ゆめみる宝石
https://www.yokohamain.com/
ご予約は、フリーコール0120-911-935までまじかるクラウン
お電話お待ちしておりますスマホ