顔たち、ところどころ | 美容外科医 佐々木直美Blog

美容外科医 佐々木直美Blog

聖心美容クリニック 横浜院の院長とスタッフのブログ


テーマ:

横浜院院長の佐々木です。

 

『顔たち、ところどころ』という映画を観ました。

映画監督アニエス・ヴァルダと、写真家=グラフィック・アーティストJRの共同作品。

 

JRは、聖心東京院が入っているビルにあるギャラリーにポスターが貼ってあるのを見かけて

以来、気になっていました。

世界各地で、そこに住む人々の特大ポートレートを撮影して貼り出す参加型アート

プロジェクトを行っているとのこと。

写真後ろに写っているカメラが描かれているトラックは写真ブースになっていて、即特大

サイズの写真がプリントされて出てくる仕組み。面白い!

 

こんな感じで建物、廃墟、などなどに特大の人が出現します。

 

アニエス・ヴァルダは、長く劇映画だけでなくドキュメンタリーも多数手がけてきて、ロケ地の

風景や人物を生き生きと描きだすことに長けた作家。

 

共同することで、2人の持ち味がより深く大きく広がっていく様が楽しめます。

 

アニエス87歳、JR33歳と、その年齢差は54歳!

初めはあまりにもJRがアニエスをいたわらないというか、友達みたいにぞんざいな感じに

ふみこんでいくのではらはらしてしまいましたが、アートの前では年齢差など何するものぞと

いうことがわかってくると、この関係が心地よく見えてきます。

 

ルーブル鑑賞最短記録に挑むべく、車椅子で全力疾走してみたり。

 

ラスト、お互いに贈りあったプレゼントのくだりには、ちょっと涙が・・。

年齢を重ねて身体の自由がきかなくなる、目もかすむ、それでも映画で表現することは

無限に広がるのだなあ。

 

アニエスのお洒落っぷりも最高。

マッシュルームカットも50年やり続ければ、こんなスタイルも余裕でこなせます。

 

肩の猫すらファッションアイテムのよう。

 

こんなのを見たら、体も心も元気に長生きせねばならんなあと思わせられるのでした。

 

 

 


ゆめみる宝石聖心美容クリニック 横浜院ゆめみる宝石
https://www.yokohamain.com/
ご予約は、フリーコール0120-911-935までまじかるクラウン
お電話お待ちしておりますスマホ