特別な一日 | 中辻 隆徳のブログ

中辻 隆徳のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

広島は今日6日、被爆73年となる「原爆の日」を迎えました。

 

今年の夏は、何の因果でしょうか、西日本豪雨災害の被災から1ヶ月と重なり、鎮魂と復旧を願う特別な1日になりました。

 

1945年日本各地の都市が次々に空襲で見舞われる中、なぜか広島は空襲がありませんでした。

 

「直径3マイル(約5㎞)以上の大規模市街地を有すること」

「爆風によって効果的な損害を与えうること」


が米軍の挙げた投下都市の条件だったそうで、広島は見事にそれに当てはまってたようです。

 

核を使うために、ある意味「温存」されていたのですね。。。

 

平成最後の夏。

 

1945年8月6日や8月9日に何が起こったのかピンとこない若者も増えているそうです。

ましてや太平洋戦争の開戦日の1941年12月8日や、沖縄の本土決戦において組織的な抵抗が事実上終結した1945年6月23日(沖縄慰霊の日)も推して知るべし。


風化は怖い。


戦争を知らない世代が、戦争を伝えていく難しさ。


広島にいると特に強く考えさせられますね。





 

 

 

 

 

中辻 隆徳さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります