「長期経過を診ること」の重要性 | 聖心美容クリニック 前多 一彦 Blog

聖心美容クリニック 前多 一彦 Blog

ブログの説明を入力します。

今日は、眼瞼下垂(埋没法)について。


・「切らない眼瞼下垂+α法」(Ver.1)

同じ糸で眼瞼下垂の治療&二重を同時に行います。


40年間、ハードコンタクトを使用。

典型的な「コンタクトレンズによる眼瞼下垂


4年前に「眉下リフト」も行っています。





とても良い仕上がりと経過だと思います。

5年以上経過しても後戻りはありません。


つらい眼精疲労が無くなったそうです。

2年半前に左右差の小修正も行っています。





術前にわざと力を抜いていない証明として、

眼瞼下垂の評価には必須の「上方視」


一般的な切らない眼瞼下垂(埋没法)のように、

結び目が結膜側にないのでゴロゴロ感もなし。





この+α法はとても調節が難しい術式ですが、

「コンタクト性の下垂」にはとくに有効。


眉下リフト」の傷あとも目立ちません。

現在、こちらも「+α法」に進化しています。


売り上げ重視の美容診療において、

経過診察は軽視されがちですが、


「同じ医師が長く経過を診ることが重要」


自らが行う治療の長所&欠点が分かり、

新たな治療法の発見にも繋がります。


札幌院で日々最良の術式を追求しております


・切らない眼瞼下垂+αについて
【術式の概要】
1本のPVDF糸によって、眼瞼下垂(埋没法)を行い、
目の開きを調整した後に、同じ糸で二重まぶたを作成。
【リスク・副作用】
術後の腫れ、痛み、内出血、目の開き&二重の左右左、傷痕、
二重の消失、シスト、ドライアイ、視力の変化、眼瞼痙攣。
【手術費用】
札幌院独自メニューにて 25万円(税別)
税込価格(総額)→27.5万円
小修正は→ 無料

・眉下リフトについて
【術式の概要】
丁寧に皮膚切除。眼輪筋切除や皮下剥離はあえてせず、
非吸収糸で形態を調節しながら皮下縫合し、皮膚は連続縫合。
【リスク・副作用】
術後の浮腫、痛み、内出血、シスト形成、肥厚性瘢痕。
眉毛変形、引き攣れ、閉瞼障害、二重の消失&変形。
【手術費用】(当時の費用)
30万円(税別)
消費税込み総額→ 33万円



↓インスタグラムフォローをお願いします。


↓できればクリックをお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


美容外科ランキング