新年、明けましておめでとうございます。本日より業務開始となりました。

 

今年は「壬寅(みずのえとら)」の年です。「壬」は妊につながる文字で激しく変わる生命を育む状態、「寅」は生命が誕生し強く大きく成長する状態を意味し、この二つは相生の組合せとなっています。

 

そのため「壬寅」は、生まれてくるまでの状態が厳しければ厳しいほど新たな生命の誕生も力に溢れ華々しいものとなる、という意味が込められています。

 

更に36年に一度の「五黄の寅」の年でもあります。他の8つの星を支配する五黄と干支で最も強い運気を持つ寅が重なった年は、社会にも大きな影響を与えると言われます。

 

36年前の1986年はバブル経済が始まり、72年前の1950年は戦後の廃墟から日本経済が回復を始めた年となりました。

 

2年にわたる新型コロナの影響で日常生活や経済活動が大きく変わりましたが、今年は変化に転ずる年になると期待したいです。

 

未来の予想は難しいですが、歴史的な大転換を迎えた時にチャンスを逃さないためにも、変化を読み取る眼はしっかり磨いておきたいと思います。

 

今年も宜しくお願いします。

 

本日のブログは、一般社団法人日本みらい研WEBページと同一となります