政策リサーチの予算データと統計データの機能を強化した。

 

予算データは、歳出データのみだったものを歳入データにも対応した。2015年度以降の国の予算が対象となる。歳出・歳入とも項目毎の省庁割合や予算の内訳が簡単にグラフ表示できるので、必要に応じて利用いただきたい。

 

統計データは、政府統計のデータ周期がバラバラで、システム内でうまく認識できなかった問題を解決した。政府統計に準じて分類しているので、基本はプルダウンから絞り込んで探すが、一覧からキーワード検索で探すことも可能となった。

 

システムに登録している統計データは全て表示可能なデータとなるが、全体のデータしかない統計や数年に一度しか集計していない統計もある。

 

そのため、データボタン以外に、全年度や最新年度、毎月データ、地域などのボタンも使って表示させるようにしていただきたい。年度や周期の選択が必要なものもある。また、数値入力で将来推計ができるので、未来予測も簡単に操作でき便利だ。

 

予算、統計ともにデータは簡単にエクスポートできるので、カスタマイズも自在である。検索機能では、分野検索の機能を充実させたので、より細やかな検索が可能となった。

 

その他にも細かい不具合を修正し、より使い勝手のあるシステムとなっている。10日間の無料トライアルもあるので、この機会に是非一度お試しいただけたらと思う。