内閣支持率が低迷している。コロナ対応で政府の取組が他国に比べて劣っているわけではないが、国民の信頼を得ていない。非常時にも関わらず、お粗末な対応が多いためだ。

 

野党やメディアも危機感を共有しているとは言い難い。重箱の隅をつつくような批判ばかりが目につく。海外で日本の状況が誤解され、国益を損なっていると自覚すべきだ。政府を批判する場合は、しっかり根拠を示して報道するべきである。

 

東京五輪が近づき、政府は開催を前提に取組を進めるが、説明不足で中止や延期を求める声も多い。ワクチンに期待を寄せ根拠も示さず突き進んでいる印象が強く、国民の理解を得るのは難しい状況である。

 

世界中がコロナ禍で苦しんでいるからこそ、アスリートの活躍で元気を得ることができる五輪は必要だと思う。敗戦で焼け野原となって日本が奇跡の復興を遂げたのは、国家再建に賭けた政治家の矜持と国民の一体感だ。

 

不手際を批判するだけでは何も変わらない。負のスパイラルから脱却し、明るい未来を築くために、しっかり国民に語りかけるべきだ。このままでは奈落の底へ転げ落ちてしまう。