新型コロナの封じ込めに成功していた台湾で感染者が急増している。

 

2,000万回分のワクチン購入を契約しているにも関わらず、確保が70万回分にとどまるため、国内で対策の遅れが問題になっている。その状況を見て中国が中国製ワクチンの支援を表明した。

 

中国の強かなところは、台湾が交渉している海外の製薬会社に圧力をかけ、中国のワクチンに注目が集まるように仕向けているところだ。蔡政権が中国製のワクチン接種を拒否しているため、揺さぶりをかけているとも言える。

 

中国のワクチン外交は巧妙だ。新型コロナの治療薬として注目されるアビガンの用途特許を、中国人民解放軍が取得したとの報もある。報道が事実であれば、日本政府が力を入れるアビガンが治療薬として認められても、使用できない可能性もある。

 

知財でも中国の戦略はステージを上げたとみるべきだ。

 

台湾は、昨年日本がマスク不足で困っているときいち早く支援をしてくれた。ワクチン確保が困難な台湾に対しては、既に3.64億回分のワクチンを確保しているわが国は直ちに支援を申し出るべきだろう。検討ではなく、すぐに行動すべきだ。