政府の2019年度補正予算及び2020年度予算におけるAI関連予算が明らかとなった。

 

概算要求では2,082.7億円を要求していたが、最終的に1,313.8億円と前年度当初予算比で1.13倍増となった。2019年度補正予算で2,580.5億円が認められたことから、総額では3,900億円近い予算がAI関連に配分される。

 

政府のAI戦略では、教育改革、研究開発、社会実装、データ関連基盤、デジタルガバメント・中小新興企業支援に分け、AI、IoT、ビッグデータなどに関連する施策を展開する。2020年度から始まる新規の事業も多く、これらの施策の早めの分析が非常に重要となる。

 

「政策リサーチ」では一両日中にこれらのAI関連施策を補助金・施策データにアップロードするので、この機会に是非活用いただければと思う。