世界銀行が先日明らかにした2020年度ビジネス環境ランキングでは、日本は29位と前年度から10番順位をあげた。日本のビジネス環境は多少好転しているようだが、まだまだ課題は多い。

 

注目すべきは中国で、31位と日本に肉薄する勢いである。総合点でも日本とほとんど差がなく、納税環境や破綻処理以外では日本より優れている分野も多い。米中貿易摩擦で先行き不明な中国経済ではあるが、ビジネス環境で言えば中国は先進国となりつつあるか?インドの躍進も注目である!