政策リサーチが収集している政策資料や閣議・大臣会見、府省庁の報道発表、公募情報などがどれだけ自分のニーズに合致しているかを判別する機能が『マッチ度判定』機能である。

業種や施策、省庁などの7つの分野に対して関心のあるサブタイプを選択することで、選択したサブタイプに関連するキーワードが自動的に組成され、閲覧しているドキュメントがどのくらい要望と合致しているかをグラフとパーセンテージで表示する。自分の要求にどれだけ合致しているかが一目瞭然となるので大変便利な機能である。

近日中に追加機能として、自らキーワードを登録することが可能となる機能が追加される。キーワードを直接登録することで本人のニーズにより近いものを探すことが可能となる。その上で、閲覧しているデータに対して関連性の深い情報を複数お薦めするレコメンド機能も追加される。

これにより膨大な政府関連情報の中から自らに必要な情報を素早くピックアップし、関連する情報までも一気に補足することが可能となる。

2019年最初のバージョンアップとなるが乞う期待でお待ちいただきたい。