2019年の日本みらい研。。。

テーマ:

2019年は本日が仕事始めとなる。

 

昨年は「政策リサーチ」を、マーケティングや宣伝・PR、新規事業構築などに活用できるシステムへ大転換を図り、使い方次第で様々な用途に活用できるシステムとなった。補助金や助成金、会議資料、政策、公募、予算、大臣所見など国政上の重要情報は「政策リサーチ」が全て網羅的に把握しており、必要な情報は簡単に検索・閲覧が可能である。このようにあらゆる機能を一元管理したシステムは「政策リサーチ」以外にないため、日本で唯一の政策情報解析システムとして大変貴重な存在となっている。

また、昨年3回開催した「日中印フォーラム」により日中印の重要性を唱える識者が随分増えてきた。今年は3回のフォーラムで話題となったテーマ等を中心に三国間のビジネスや交流事業などの展開を図っていく予定である。具体例事例が蓄積した時点で簡単な冊子も刊行したいと思っている。

また、若もの達の活動を応援するプロジェクトも年内に立ち上げる予定である。

 

『戌笑う』の2018年から『亥固まる』となる2019年、焦らず着実に歩みを進め、本物の評価をいただける年にしたいと思う。