茂木大臣とライトハイザー通商代表による通商協議(FFR)を踏まえた先週の日米首脳会談で、安倍首相とトランプ大統領は、「日米物品貿易協定(TAG)」の交渉を開始することで合意した。

この協定で、日本は農林水産品についてはTPP協定で約束した市場アクセスを上限とし、交渉中は自動車に関する追加関税は課さないことが確認された。強硬な自国主義を貫くトランプ大統領との交渉で、TPPの枠内の抑え自動車に対する関税にコミットしなかったのは大きな成果である。トランプ大統領はなんとか自動車の関税を盛り込もうとしたようだが、安倍首相がうまくかわしたというのが現状のようだ。もっともトランプ大統領の現在の最大の関心事は対中貿易らしく、合意後は対中貿易に話題が集中したそうだ。

国内では、TAG協定の議論完了後に他の貿易・投資事項についても協議を行うとしたことから、FTAとどう違うのかという意見もあるようだが、ステージをしっかり分けることができ、他国が行うアメリカとの交渉と比べれば日本は良い交渉ができたと言えるのではないだろうか?

しかし、双方の合意でしっかりキャップをかけたようには見えるが、先行きはまだまだ不明で、今後もタフは交渉が続くことが予想される。