自民党は東京五輪で導入を目指すサマータイムに関する研究会を総裁選後に立ち上げ、議論を開始するとの方針を固めた。当初予定していた議員連盟ではなく研究会で様々な方面から論点整理を行なうという。サマータイム導入済みの欧州で廃止論が広がり、省エネ効果も小さいのではないかとの意見もあるため、導入前提ではなくデメリットも含めて議論を進めるらしい。

確かに、今年のような記録的な猛暑が2020年にも起きることは予想され、五輪に向けた暑さ対策は重要であるが、サマータイムを導入しなくとも、解決可能な方法はいくつもあるような気がする。ITシステムの関係者からはシステムの変更が間に合わない、莫大な費用がかかるとの声も聞こえるが、サマータイムを導入しなければシステム変更も必要ないだろう。

ビジネス環境や生活環境が多様化している中で、五輪だからと国主導で時間を管理するというのもいささか時代遅れの感じがする。「プレミアムフライデー」も「シャイニングマンデー」も普及とは程遠い状況だ。議論の推移を見守りたいが、同じ過ちは繰り返さないようにした方が良い。

 

この記事は、「政策リサーチ」の本日のポイント(コメント)からの抜粋です。