経済産業省が進める「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」は、中小企業の生産性向上を目的とした補助金であり、根拠は『中小企業等経営強化法』に基づく。補正予算で措置される事業として2017年度補正では500億円が計上された。中小企業のITツール導入に50万円を上限に1/2を補助しており、来週より3次公募が始まる。3次公募の申請期間は912〜1119となり、2週間毎に申請を締切った上で締切の10日後に公布決定を行なう。最終5回目の交付決定日は11月30日であるが、申請が殺到し予算枠を使い切った場合は前倒しに終了となる可能性もある。

政策リサーチ」は新機能を追加したFプラン補助金対象ITツールに認定されており、Fプランの導入を希望する中小企業は導入費用の半分を補助金で賄うことが可能となっている。

補助金での導入を希望する場合は、IT導入支援事業者として登録されたITベンダーを通じて申込む必要があり、詳細は販売管理会社である角川アスキー総研を通じて問い合わせいただきたい。予算に限りもあるため早めに手続きを進めることをお勧めする。