昨日の「日本経済再生本部・未来投資会議」で『未来投資戦略2018』の素案が示された。素案はタイトルをSociety5.0・データ駆動型社会への変革をとし、データ駆動型社会の共通インフラである基盤システム・技術への投資促進AI人材に対応した人材育成と最適活用大学改革と産学官連携などを進めるとしている。自動運転、ヘルスケア、脱炭素化、キャッシュレス化、農林水産業のスマート化等の重点分野でフラッグシッププロジェクトを推進する。

 

この記事は、「政策リサーチ」の本日のポイント(コメント)からの抜粋です。