政府の審議会について

テーマ:

政府の各省庁に置かれている「審議会」は、行政に関する重要な政策を決定したり、特定の処分を下したりする際に意見を出すことを目的としている。審議会の構成メンバーは、国民各層の利益を代表する事業者生活者団体委員実務・学識経験者などで構成されている。人選は関係する省庁が推薦し大臣が承認する流れとなっているが、推薦された人物はほとんどそのまま承認される。政府提出法案は、審議会で議論された答申に基づいて作成されていくため、審議会での議論は法案等の方向性を見定めるにおいて最も重要な部分となる。ここで注目されるのは審議会を運営する事務局である。事務局は、基本的に担当省庁の中に置かれ、複数の省庁にまたがる内容を検討する場合は内閣府となる。事務局では、委員の人選審議会の日程議論の内容や方向性を示したペーパーの作成会議後の議事録の作成などが行われるが、議論の内容や方向性を示したペーパーが最も重要な資料となる。会議は概ねこの方向性で結論が導かれることが多いためだ。法案の方向性はこのペーパーを押さえることで概ね推測可能だ。

 

この記事は、「政策リサーチ」の本日のポイント(コメント)からの抜粋です。