政策リサーチの仕様の一部が3月から変更となった。タイトルバーの右側にサイトマップボタンを設置し、画面の移動がサイトマップからどの画面へもすぐに移動できるようになった。また、検索画面ではnot検索が可能となった。通常の検索枠の右隣にnot用の検索枠を設置したことでandとnotの組み合わせが可能だ。更に、検索、解析、予算の検索枠にプルダウンで検索用語を例示できるようになった。例示ワードはシステム側の設定となるので利用開始までもうしばらくお待ちいただきたい。お気に入り画面でも検索が可能となり、お気に入り、公募画面での検索は間に空白を入れることで複数語句をand検索できるようになった。こちらはタイトル名の検索となるため、全文検索など詳細な検索を行ないたい場合は検索画面をご利用いただきたい。予算画面では検索結果の省庁割合が簡単にグラフ表示できるようになった。データでは東京都に次いで大阪府の情報も試験的であるが更新を開始している。公募情報も今後さらに利便性を向上させる予定なので、乞う期待でお待ちいただきたい!

 

この記事は、「政策リサーチ」の本日のポイント(コメント)からの抜粋です。