御開帳☆最終日 | 花咲く祈りの寺☆清瀧寺

花咲く祈りの寺☆清瀧寺

山号を雲光山、院号を華蔵院、寺号を清瀧寺といいます。
平安時代、大同2年(807)の創建と伝えられています。
茨城県南部守谷市、鬼怒川のほとりに建ちます。
境内は四季折々様々な花が咲き乱れる、総合霊場が特徴の寺院で『花咲く祈りの寺』です。


テーマ:
おはようございます☆

昨日はよく晴れて気温も上がりました。

先日まで、全然咲いていなかった桜や桃も急に咲き始めました☆

もう少しすると境内は春の花に包まれます。

源平垂れ桃・去年の写真

写真のようになるのが楽しみですね~(^^)


さて、御開帳中の
『猫入り涅槃図』
も今日が最終日となります。

猫入り涅槃図・清瀧寺蔵

連日、多くの方に参拝いただき、感謝しておりますm(_ _)m

清瀧寺の『猫入り涅槃図』は、描かれないことが多い『ねこ』がいる珍しい涅槃図です。
涅槃図の猫
清瀧寺の『猫入り涅槃図より』

諸説ありますが、猫がいない理由として、お釈迦さまが病になった時、お釈迦さまの実母である摩耶夫人が、不老長寿の天界の霊薬を投げ与えようとしましたが、上手く届かず・・・

それを見た鼠がその霊薬をお釈迦さまのもとへ届けようとしましたが、途中で猫に遭遇してしまい薬を届けることができませんでした。


結果的に、お釈迦さまは入滅してしまいます。
お釈迦さまを偲び、沢山の動物や昆虫が参集するなか、猫は自らこの場に自分は相応しくないとして姿を見せなかったそうです。

しかし、それでは猫がかわいそうということで『猫入り涅槃図』ができたようです。
鼠と猫・清瀧寺の涅槃図より

※摩耶夫人が、薬を投げ与えようとしたことから、薬を与えることを
『投薬』『投与』と言うようになったそうです。

※鼠が真っ先に、お釈迦さまに薬を届けようとした功績から、十二支の最初は『鼠(子)』となったとも言われています。

涅槃図は、色々な言い伝えと、想いが込められているように感じます☆


今日も皆様にとりまして、素晴らしい日となりますよう☆
お祈りいたしております☆


拝観時間・本日は18時まで
※11時~12時・15時~16時は法要のため、拝観が難しくなります。
どうぞご了承くださいませm(_ _)m

※時間が合えば絵解き(説明)をさせていただいております。

※写真撮影はフラッシュ無しで可能です。

※拝観料はいただいておりません。
どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ(^人^)

清瀧寺の副住職さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ