さつまいも収穫しました! | 星稜焼酎のブログ

星稜焼酎のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:


みなさんこんにちは!
担当の山下千晶です。


私たちは5月に焼酎用のコガネセンガンという品種のさつまいもと、食用の五郎島金時、紫芋、安納芋、紅あずまなどの苗を植えました。今回はその収穫に行ってきました!


学校から1時間半ほどバスに乗り、のとじまファーム へ!

{75504456-376B-4B5B-A9C6-0BC66E8F30E8:01}



私たちは石岡酒販店
からさつまいもの苗の提供を受け、のとじまファームから土地を借りて、苗を植えました。また、植えたさつまいものお世話はのとじまファームの方々がしてくださりました。


着いてすぐに芋掘り開始です!

ツルが出ているところの周りを崩して掘っていきます。出てきた芋の色を見てびっくりしました。

{0A7915F8-32DF-4870-AACA-FDC1FFD12DC3:01}



なんと白色でした!さつまいもなので紫色だと思っていましたが、コガネセンガンは白色のさつまいもなのだと知りました。みんなも知らなかったようで驚いていました。


みんなで手で掘っていきますが、土が固く大変です。腕がとても疲れます。

{2F4E52D2-FD1D-446A-A7F5-5DF91888DEA7:01}



そこで、トラクターが活躍してくれました。
土を掘り起こしていき、どんどんさつまいもが出てくるので、私たちは拾って行くだけです。

{A17187E7-7A3D-444D-B831-ABF52A6C0381:01}



トラクターを使ったらあっという間に終わってしまいました。食用の方もトラクターで掘っていきました。

掘ったさつまいもは土の上に置いて少し乾かしてから、袋に入れていきます。コガネセンガンは石岡さんが持っていき、(株)スギヨ
の収穫したさつまいもといっしょに焼酎を作ります。

芋掘りが終わり、焼き芋を食べました。のとじまファームの方に焼けやすい小さめの紫芋を用意していただきました。久しぶりの焼き芋で、とてもおいしかったです!

{E1F6C448-BA8D-48FE-A24E-64EA6C165C77:01}




私たちが今回収穫したコガネセンガンは例年に比べると小さめで、また、植えた苗をいのししに食べられた所もあり、収穫量が少なくなってしまいました。
しかし、食用のさつまいもは大きく育ちました。
食用のさつまいも3袋ほど穴水のあすなろ学園という孤児院に渡してから帰りました。
いつもはあすなろ学園の子どもたちと焼き芋をしていたそうですが、今回は残念ながら予定が合わず渡すだけとなりました。


焼酎は来年の8月に喜久水酒造
という長野県の酒造会社で作られます。出来上がりが楽しみです。


次の日の北國新聞で記事に取り上げてもらいました。


{DFFAD292-EB2C-43DC-B770-D45FADFCF199:01}


多くの人たちに私たちの活動を知ってもらえると嬉しいです。

おわり

星稜焼酎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス