秋酒②/月見純米-SEIRYO TSUKIMI- | 「酒蔵日記帳」

「酒蔵日記帳」

BLOGも夢と心を込めてお届けします。

秋の伊予賀儀屋恒例、「月見純米」。


もう間も無く9月上旬に解禁予定です。

2019年の「十五夜(中秋の名月)」は9/13(金)です。

 

ここ故郷では秋になると、
近くの河川敷で月を愛でながら特産品の里芋を入れた
「いもたき鍋」を皆で食べる風習があります。

 

今年も「中山川いもたき会」が連日開催されます。

成龍酒造のお酒も例年通りお取り扱い頂く予定で御座いますので、

お近くの皆様ぜひ秋の風といもたきをお楽しみ下さい。

 

さてそんな秋にぴったりのお酒「月見純米」は、
春夏秋冬日本の四季の味を、
切り絵作家塩崎さんの作品と一緒に
心からお楽しみ頂きたいという想いから生まれました。

 

愛媛県産しずく媛×愛媛酵母の組み合わせから誕生した

切り絵シリーズ秋Verは、旨味と酸味のバランスが「ちょうどいい」お酒です。

 

いもたき鍋はもちろんの事、

味わいのしっかりした食との相性も抜群の1本。

 

ぜひ秋の味覚と一緒にお楽しみ下さいませ。

 

先日ご案内させて頂いた

「限定熟成-秋の夕暮れ-」と9月上旬同時リリース予定です。

 

出荷開始まで今しばらくお待ち下さいませ。

 

ヒデトモ