ご報告と御礼。 | 「酒蔵日記帳」

「酒蔵日記帳」

BLOGも夢と心を込めてお届けします。


テーマ:

さて数日間ですが

ブログをお休みさせて頂いておりました。

 

何があったのかと、

そんなお声も多数頂戴しておりました。

ご心配おかけして申し訳ありませんでした。

 

実はここ数日間、

いや、数ヶ月間はめまぐるしく

時間があっという間に過ぎていきました。

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

先日、大好きで尊敬していた自身祖父が、

90歳という天寿をまっとうし

天国に旅立っていきました・・・。

 

 

厳しくも愛に満ち溢れ、

裏表の無い真っ直ぐな人でした。

 

幼くして戦争で自身父親を亡くし、

7人兄弟の長男として家と酒蔵を

これまで守り続けてきてくれた祖父には、

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今考えれば自らの死期を悟っていたのかのように、

ただ黙々と私たち次世代の人間たちに、

色々な事をここ数ヶ月間、

一生懸命伝えてくれていたように今は感じます。

 

 

昔の話、お酒やお米の話、

自らの想いやこれからの話…。

 

 

周囲には元気そうな姿を見せていましたが、

長い人生、厳しい時代を生き抜いて来られ、

もうすでに体も限界を超えていたのかもしれません。

 

つい2週間前、急に意識不明状態となり、

もう誰もが死を覚悟した日から見事復活を遂げた時は、

本当にびっくりしました。

 

お医者さんも驚いていました。

これが祖父の生命力の強さなんだと、

私自身本当に嬉しく、

家族皆で涙を流したのを覚えています。

 

子供3人、孫7人、

ひ孫12人の成長をいつも楽しみにしてくれていて

亡くなる数日前には自らの足で歩き、

普通に家で皆で談笑し、お正月の話などもしていました。

 

私が出張を終え家に戻った夜に

体調が急変し、帰らぬ人となってしまいましたが、

なんだか私の帰りを待ってくれていたかのような

気もしてなりません。

 

本当に長い人生、お疲れ様でした。

そしてありがとうございました、おじいちゃん。

 

なお通夜式ならびに告別式に際しましては、

12月4日・5日に滞りなく執り行う事ができました。

 

ご多用中にも関わらず、

多くの皆様方がお別れのご挨拶に来て下さった姿、

お心のこもった御供物を賜りました事は、

私たちは一生忘れる事はありません。

 

そんな全ての皆様に、略儀ながら謹んで御礼申し上げます。

 

また故人が生前に賜りました格別のご懇情に対しましても

ここに併せて厚く御礼申し上げます。

きっと祖父もいつもみたいに顔をくしゃくしゃにして、

天国で笑ってくれていると思います。

 

これからは残った家族やスタッフ、

皆で力を合わせて、

祖父の意思を引き継いでいきたいと思います。

 

告別式はじめ、数々のご丁重なご芳志を賜りまして

誠にありがとうございました。

 

 

これから始まるお酒造り。

これまでどおり良き酒を醸す事は変わらぬ目標ですが、

来春の新酒を誰よりも楽しみにしてくれていた祖父の為にも

心を込めて例年以上に酒造りに励んでいきたいと思います。

 

 

取り急ぎこの場を借りて

心より御礼申し上げます。

みなさま、ありがとうございました。

 

 

今日より成龍酒造や通常営業再開です。

引き続き宜しくお願い申し上げます。

 

ヒデトモ

SEIRYOさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス