御礼/蔵開き2018年秋 | 「酒蔵日記帳」

「酒蔵日記帳」

BLOGも夢と心を込めてお届けします。


テーマ:

 

昨日は19年目となる蔵開き秋でした。

 

朝早くからご来場頂いたお客様、

ありがとうございました。

 

地元えひめを中心に、

遠くは県外からも多くの方にお越し頂き感謝しています。

 

 

そして蔵開き開催にあたりまして、

数週間前から準備などで連日お手伝い下さった地域の皆様や

 

ご出店頂いたお店様、

 

駐車場をお貸しくださったご近所の皆様など、

故郷の方々の存在無くして、弊社の蔵開きは語れません。

 

 

当日もたくさんの方にご協力頂きました。

本当にありがとうございました。

 

 

その他、蔵開き開催告知のご協力を頂いた特約酒販店様はじめ

関係各所の皆様方のおかげで

多くの方がここ酒蔵にお越し下さいました。

心より御礼申し上げます。

 

お酒は古来より

「人と人を結ぶ」大切なコミニュケーションツールとして

育まれてきました。

 

 

嬉しい時や悲しい時、

いかなる時も皆で酒を酌み交わし、

お互いを理解し合う素敵な産物が日本酒です。

 

 

私たちは小蔵ではありますが、

そんな素敵な日本酒文化の中で、

1人でも多くの方に笑顔と喜び、

地域や日本酒の魅力をお届けしたくて、

2000年から19年間

このような蔵開きを開催させて頂いております。

 

 

今日からは次の酒造りシーズンに向けて、

心機一転気持ちを切り替えて参ります。

 

 

次回開催時にまた皆様と日本酒を中心に、

良き笑顔でお会いできる事を願いつつ、

良き酒を引き続き醸して参りたいと思います。

 

今後とも叱咤激励、宜しくお願い致します。

 

なお今回、手狭な酒蔵内で

窮屈な想いをされた方もいらっしゃったかもしれません。

また少人数での運営のため、

不行き届きな点など多々あったかもしれません。

皆様から頂いた収穫や課題は、

次回開催時に参考にさせて頂きます。

 

 

 

この度の成龍酒造の蔵開きに関係して下さった

全ての皆様方に、

あらためて御礼申し上げます。

 

本当にありがとう御座いました!

 

 

 

ヒデトモ

SEIRYOさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス