真備町「ココロの幸せ空間」提供 | 晃輝和尚のブログ「覚禅堂」

晃輝和尚のブログ「覚禅堂」

岡山県津山市にある曹洞宗少林寺住職、
清涼晃輝のブログ

本日は、倉敷市真備町で、岡山県曹洞宗青年会による傾聴活動です。

まずは源福寺様で慰霊法要。

続いて、真備町公民館川辺分館で、ココロの幸せ空間(坊主カフェ)の提供。


匂い袋作り、写経・写仏の体験。
抹茶、お茶、コーヒー、紅茶、お菓子などをご用意して、一緒にお茶を飲みながら、ゆっくりお話し。

ある年配の女性は「家が浸水被害に遭った。まだまだたくさんの人が避難している。そんな中、ようやく再建して、家に帰って来れた。ホッとした。でも帰ったら荷物の片付けが大変。リフォームして収納が変わったから、どこに何を置こうか。何だかやる気が出ないのよ。でも自分でやらないと場所がわからなくなるし…。気が抜けたのかしら。雨が降る度に怖い。先日の台風19号の被害に遭った人のことを思うと大変だと思う。」

まだまだ時間と支援の必要性を感じました。

本日は13名にお越し頂きました。
僧侶7名、寺族1名が参加。

ご要望もありますので、今後も活動を続けていきたいですね。