九州へ | 晃輝和尚のブログ「覚禅堂」

晃輝和尚のブログ「覚禅堂」

岡山県津山市にある曹洞宗少林寺住職、
清涼晃輝のブログ

本日は、福岡県の檀家さんへお参りです。


午後から、佐賀県鹿島市「祐徳稲荷神社」参拝。
https://www.yutokusan.jp/


博多駅(特急で約1時間)→肥前鹿島駅(バス10分)→祐徳稲荷前。門前の参道を歩き到着。

「楼門」
日光東照宮の陽明門を模したもので、日光東照宮の修復職人により完成したらしいです。
美しい!!

本殿「倉稲魂大神(うがのみたまのおおかみ)」様に参拝
衣食住を司り生活全般の守護神として崇敬されているようです。

お稲荷様は、神様と仏様がありますがこちらは神様で男性のようですね。

総漆塗り極彩色の社殿は圧巻です。

本殿から300mいざ奥の院へ…


お稲荷さんは朱色が似合います

「朱色は生命の躍動を表すとともに、古来災厄を防ぐ色としても重視されてきました。このため、古くは御殿や神社の社殿などに多く用いられており、稲荷神社の鳥居の朱色もこの影響によるものと考えられます。」(神道いろは)

鳥居がたくさんあるのは「願いが通る」という願いからと聞いたことがあります。


「奥の院」には風鈴鳥居。
けっこう急な参道で、汗びっしょり💦
涼しげな風鈴が迎えてくれます🎐

眺めがよく、有明海が見渡せます。

「命婦社(みょうぶしゃ)」江戸時代から昭和8年まで本殿は佐賀県重要文化財。
稲荷神にお遣えされる狐様がまつられています。