全国を廻る布教師が来寺 | 晃輝和尚のブログ「覚禅堂」

晃輝和尚のブログ「覚禅堂」

岡山県津山市にある曹洞宗少林寺住職、
清涼晃輝のブログ


テーマ:

小生が兼務住職を勤める<蓮光寺(奈義町)>で

【特派布教講習会・人権学習・六教区護持会総会】開催

 

18年に一度回ってくる当番会場に今年当りました。

 

1,開会式

曹洞宗岡山県第六教区(美作地域)18ヶ寺の住職・檀信徒役員が集結。

70名が集まりました。

 

 

2,人権学習(視聴覚研修)

 

 

3,特派布教(法話)

三部義道老師(山形県)がお越しくださいました。

 

道元禅師が日本へ伝え習慣化された朝起きて顔を洗う事など、1時間半お説教を頂きました。

<三部老師のお話の一部>

昨日の夜に風呂に入って、石鹸で顔も体も綺麗に洗い流しました。

埃や泥や垢も全て洗い流して、横になって起きただけの顔を何故洗わないといけないのか。

何故朝起きて、すぐに顔を洗うのか、考えてみると不思議なことです。

 

それを道元禅師様は「身を清むるは、心を清むるなり」

 

顔を洗うのは汚れを洗うのではなく、身を清めているのだ。

身を清めているのは、心を清めていることなのだ。

 

皆様、神社など参拝に行かれるときに手水舎で手を清められるでしょう。

汚れているわけではない。ただ神様の前に立つとき身を清めないでは柏手も打てない。

手を清め、口を清めてから参拝されますね。

それと同じで、朝起きて顔を洗うことは身を清めることなのだ。

そして、それは心を清めることになるのだ。

身心を清めるは、国土を清め、佛道を清むるなり。

だから、朝起きて身と心を清めないで仏壇と仏様に手を合わせることは出来ないということですね。

 

 

六教区護持会総会、昼食で解散。

 

今日のために檀信徒と力をあわせ準備を行ってきました。

檀信徒皆さんの協力のお陰で無事に終えることが出来ました。

 

皆様ありがとうございました。

合掌

 

晃輝和尚さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス