少林寺の状況 | 晃輝和尚のブログ「覚禅堂」

晃輝和尚のブログ「覚禅堂」

岡山県津山市にある曹洞宗少林寺住職、
清涼晃輝のブログ


テーマ:
この度の豪雨災害でお亡くなりになった方、その関係者へお悔やみ申し上げます
被災された方へお見舞い申し上げます
行方不明の方の発見をお祈りしております
 
 
岡山地方気象台によると、5日午前2時の降り始めから7日午後3時までの総雨量は津山市421.0ミリ、岡山市310.0ミリ。いずれも1年間に降る雨のほぼ3割に上った。(山陽新聞掲載)
 
 
↑7日午前7:15 TVニュース
 
 
↑SNS情報
 
 
少林寺の状況です
人、建物への被害はありません。
 
被害
・寺山の土砂崩れにより、川を塞き止め水の氾濫。民家への浸水危険あり。
  (早急な対応が必要ながら復旧の目途たたず)
・歴住(住職)墓地裏の土砂崩れ。
・その他、小さな土砂崩れなどあり。
 

↑中北上明谷の寺山崩壊
 
↑墓地裏の土砂崩れ
 
建物は無事
 
↑少林寺霊苑(檀信徒の墓地)無事
 
第二避難所である少林寺には、6日夜から7日午前までに6名が避難されました。
第一避難所の喬松小学校には50名程が避難されたと聞きました。
その他、各自で民間宅へ避難されました。
 
<地域の状況>
少林寺から1キロほどの中北上岩谷で、土砂崩れにより民間1軒が全壊。けが人なし。
坪井上安清、橋の崩落。
その他、河川の氾濫、護岸損傷、浸水被害、土砂崩れなど
あちこちで被害がありました。
 
岡山県はじめ各地で甚大な被害です
今後も予断を許さない状態ですので、十分気をつけます。
 
皆様もご自愛をお願い申し上げます
 

晃輝和尚さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス