『古代十闘士記』デジモン名、用語事典 | 星流の二番目のたな

星流の二番目のたな

デジモンフロンティアおよび
デジモンアドベンチャー02の
二次創作(小説)中心に稼働します。
続き物、二次創作の苦手な方はご注意くださいませ。


テーマ:
今後のことも考えて事典を作りました。
これからデジモンも用語も増え続けるし、読者はもちろん、作者もどれが誰か分からなくなると困るので←
 
※五十音順
【デジモン名】
ガルルモン
光の闘士の成熟期の頃の姿。光の城の兵士で、よくルーチェモンのいたずらのターゲットにされる。
 
グルルモン
ヒューマンデジモンの奴隷として使われていたが、ジオグレイモンティラノモンに助けられた。
 
グレイドモン
ヒューマンデジモンの指導者。ヒューマンデジモン至上主義者だったが、大粛清で命を落とす。
 
ケンタルモン
半人半獣のルーチェモンの教育係。
 

 

ジオグレイモン
炎の闘士の成熟期の頃の姿。草原の町に住んでいたが、大粛清により町を滅ぼされた。
 
少年王
ルーチェモンの尊称
 
摂政
ディノビーモンの尊称
 

 

ディノビーモン
若いルーチェモンに代わり、摂政として政務を行っている。

 

ティラノモン
ジオグレイモンと共に、草原の町の警備隊員をしていた。大粛清により深い傷を負う。
 
殿下
ルーチェモンの尊称
 
ララモン
ルーチェモンの学友としてケンタルモンが連れてきた。ルーチェモンとは学友であり、いたずら仲間。

 

ルーチェモン
少年王、殿下とも呼ばれる。戦乱にまみれていたデジタルワールドに降臨した強力なデジモン。ディノビーモン等によって王として擁立される。その力に対して精神年齢は幼い。
 
 

【用語】
永遠の城
ディノビーモンの居城。所在地は現在の闇の大陸にあたる。

 

草原の町
現在の炎のエリア西部にあった、市場の盛んな町。大粛清によって滅ぼされた。

 

大粛清
草原の町のデジモンをルーチェモンが虐殺した事件。
 
光の城
ルーチェモンの居城。所在地は現在の闇の大陸にあたる。

星流さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ