誠輪館 柏原支部のブログ

誠輪館 柏原支部のブログ

柏原支部の様子を綴ってます。

     【いじめゼロ!まずはきみが強くなれ!】

誠輪館はニュージャパンキックボクシング連盟(NJKF)、全日本グローブ空手道連盟(AJGKF)に加盟しDEEP KICKやNEXT LEVEL等でも活躍しているジムです。柏原市役所横リビエールホール、藤井寺市川北住宅集会所で、『空手&キックボクシング』の練習をしています。4才~小中学生、又 高校生~一般までと幅広く汗を流してます。フィットネス感覚でもOK!本格的に試合に挑戦するも好しです。練習生の中には空手、キックボクシングでの試合で優秀な成績を修めている子供達や、プロのキックボクサーも在籍しています。護身術での格闘技、実践での格闘技、いじめゼロの格闘技、さぁ!心と技と体を鍛えよう。




テーマ:

こんにちは。

夏休み目前となりましたが、連日猛暑が続きます。

外出する時は、帽子を被り適度に影に入り水分補給をしてくださいね。

あっ!?と思った時には、熱中症や脱水状態になってる場合も多々あります。

練習中も気分が悪くなったり、喉が渇いたりすると声を掛けて下さいね。

我慢や忍耐も大切ですが、体が資本!元気有っての空手です。

↓ ↓ ↓クリック↓ ↓ ↓

柏原支部のホームページ

柏原支部の主な行事です。

暑い中ですが、皆んな頑張って行きましょう!

※ 8月11日(土)柏原支部 藤井寺支部合同練習。

案内のプリントを、お渡しさせて頂いてると思いますが、昨年同様、主に初級〜中級の者を対象に行います。

上級の者(刺繍帯)は、合同練習全体のお手本となれるようお願いします。

練習はお昼迄で、その後川北会館前でBBQを行い皆んなで楽しみましょう。

お手伝い頂ける方、差し入れして頂ける方大歓迎です。

プリントを貰ってない方は、連絡下さい。

※ 8月19日(日)NJKF 2018 west 4th大阪・平野区民ホール 誠至会主催

この日 つばさがプロデビュー戦となります。

全日本グローブ チャンピオン・カーニバル3連覇!の偉業をなし!中学生の時から一般女子と戦い、数々の大会で優勝や勝利を納めてきたつばさが、ついにプロデビューです。

皆さん応援宜しくお願いします。

NJKFライトフライ級 ーTSUBASA

https://efight.jp/news-20180710_297248

 

※ 9月23日(日)DEEP☆KICK37 泉大津市・テクスピア大阪

この日一般で頑張ってる障子 覚司がプロデビュー戦となりました。

不器用な男ですが、コツコツと練習を重ねプロのリングにたどり着きました。

そして同じ日、小森 真琴がTOP☆RUN防衛戦!悔しくもWBCのリングを逃しましたが、この日TOP☆RUN50kg初防衛戦に挑みます。

皆さん応援宜しくお願いします。

NJKF ウェルター級 ー覚 司ー

TOP☆RUN 50kg 王者 ー小森 真琴ー

http://www.deep-kick.com/pages/1963615/nextbout

NEXTLEVELでも、徐々に良い成績を残し始め皆んな逞しく成ってきました。

アマチュアの大会は参加することに意味があります。

『俺や私はまだまだ』では無く参加し悔しかったり嬉しかったりを経験しましょう。

もう一つは『行事への参加』『試合の応援』『昇級審査の手伝い』等に参加して下さいね。

自分には関係無いや!では駄目ですよ。

一緒に練習してる仲間が、誰かしら参加しています。

きっとその仲間は、あなた達が試合に参加した時に応援してくれたり、又審査の時励ましてくれたりしてくれます。

個人競技ですが、一人では無いって事です。

『皆んな強くなれ!』

↓ ↓ ↓クリック↓ ↓ ↓

誠輪館 本部ホームページ

誠輪館 柏原支部ホームページ

誠輪館 柏原支部Facebook!

NJKF WEST ホームページ

DEEP☆KICKホームページ

NEXT☆LEVELホームページ

NPO法人全日本グローブ空手道連盟


テーマ:

今年も早6月となりました。

4月にそれぞれ進級、進学し新しい生活環境に慣れて来た頃だと思います。

それと同時にクラブが忙しくなったり、塾や習い事に変化があったりと、忙しい毎日を過ごしてる事だと思います。

私は空手の先生なので、空手を基準に書きますが、空手の一つの大きな目標として黒帯があります。

誠輪館の帯の基準は、白帯 橙帯 黄帯迄が初級、水色帯(青帯と同級)青帯 緑帯迄が中級、緑刺繍帯 紫帯 茶帯迄を上級とし、茶帯の練習に励み教室全体を見る事が出来ると判断した者を黒帯の対象とし、昇段審査を受けるよう通知書を渡します。

だいたいの目安として、幼年から始めた者で小5〜中1位、小学生低学年から始めた者で6年生〜中3位が、Jr.の黒帯に到達する頃でしょう。

もちろん試合で「良い成績を残してる」や「予習復習が出来ていて、練習に励み心身ともに成長が見られる」者は、飛級や早期黒帯の対象者となります。

私は長い間空手を通じ子供たちと触れ合ってますが、「背の高い子も低い子も」「走るのが早い子も遅い子も」「覚えるのが早い子も遅い子も」茶帯に至るまでは余り変わらないと感じてます。

それはそれぞれの個性で有り、周りと協力し上を目指すなら大差は無いように思います。

習い事を続ける上での一つの大きな分岐として進級、進学に伴い塾やクラブなどで練習に来れなくなる。

この時期が丁度上級(刺繍帯)になる頃です。

教室ではベテランになり、気がつけば周りには後輩が増え、後輩たちのリーダーとして活躍してる頃です。

特に茶帯の者は、ここに至るまで凄い努力をしたと思います。

お父さんお母さんに連れられ教室に来て、体験し入会。

大勢の前で昇級審査を受け、初めて昇級した時の喜びは大きな物が有ったと思います。

「汗を流し」「涙をのみ」「嬉しかったり悔しかったり」長い年月を経て昇級し茶帯まで来た事でしょう。

その最終章にリビエール教室で、寝技を取り入れ練習してるのは、なにもイケズをしてる訳では有りません。

武道としては、こかされた時、抑え込まれた時の対処方法を学んで下さい。

と言う意味と、最後の難関を今までの経験を活かし経験して下さい。

と言う意味が込められています。

 川北 大正教室の者は、リビエール教室に練習に来なくてはなりません。

しかしリビエール教室の者も、ほとんどが練習に来てません。

練習が出来る環境では無く、黒帯になろうする気持ちの問題だと思います。

時間の問題、曜日の問題、皆さん色々有るでしょうが、黒帯の背中は見えてます。

もう一山越えれば、茶帯とは全然違う景色が待ってるはずです。

どうぞお父さんお母さん。その達成感を経験させて上げて下さい。

皆んな強くなれ!!


テーマ:

4月14日白鷺教室、15日堺本部にて、日本空手格闘術誠輪館 春期昇級審査が行われました。

 

春季昇級審査会 柏原支部 個別評価と総合評価。

※ 下記の評価は私の主観です。審査の合否には関係有りません。

審査結果は10日〜2週間位で発表出来ると思います。

【白 帯】

※ 藤村 一輝(白鷺教室)

大きな声で挑めた審査だったと思います。形(型)も力強く元気に出来てました。一輝の良い所は、全てにおいて力強く大きな声で挑戦出来る所です。物怖じせず挑めるので、見ていて気持ち良いです。これからも頑張れ。

 

※ 加藤 愛果(堺本部)

形(型)は凄く上手に出来ました。一つ一つ丁寧に女子らしく挑む事が出来ました。組手は年上の者を相手に堂々と今できる事が出来たのでは無いでしょうか。素晴らしい勇気だと思います。これからも頑張れ。

 

※ 大谷 初花(堺本部)

形(型)はこれからの課題ですね。大勢の前で緊張が隠せない審査でした。しかし組手では元気を取り戻し、しっかりと挑む事が出来ました。初花が自分で『何とかしなくては』って言う気持ちが現れた審査でした。これからも頑張れ!

 

【橙 帯】

※ 山本 瑛心(白鷺教室)

全体的に力強く大きな声で審査に挑めましたね。形(型)の順番を待つ時少し不安が隠せない様子でしたが、しっかり人の審査を見て、自分の審査に活かせたのではないでしょうか。組手では練習での成果を発揮し素晴らしい内容でした。これからも頑張れ!

 

【黃 帯】

※ 中村 音哉(白鷺教室)

緊張を隠せない審査でしたね。形(型)は練習していた事が出来てました。次の課題は一つ一つを丁寧に練習することです。組手は何時もより消極的でした。実力はもう少し上に有ると思います。これからも頑張れ!

 

※ 小谷 星七(堺本部)

形(型)が凄く上手く出来ましたね。武道としての佇まいが良く出ていました。形(型)の動作が組手でも良い方向に出ていて、見ていて感心させられる部分もありました。しかし組手は相手有りきで行うので積極性が必要です。練習で身に付けて行きましょう。これからも頑張れ。

 

※ 新田 凌大(白鷺教室)

形(型)組手共にバランスの取れた審査でした。凌大は目の前で変化して行く課題に対しての応用力が抜群に良いと思います。それ以上でも無く、それ以下でも無く、今自分の出来ることを力いっぱい発揮出来た審査でした。これからも頑張れ。

 

※ 井上 睦翔(堺本部)

実力の発揮出来た審査でした。形(型)は男の子らしく出来ました。回りに流されない集中力は凄いと思います。組手も大勢の前で普段通り又それ以上に実力が出せました。次のステップが楽しみです。これからも頑張れ。

 

 

※ 新谷 和史(堺本部)

形(型)組手共に少し消極的でした。身に付けて欲しいことは、『上手くなる』『強くなる』と言うこと以上に、何かに挑戦すると言うことです。何かに挑戦すると言うことは、緊張を伴い勇気の入るものです。心・技・体。審査終盤に怒られる場面が有りましたが、これからは和史にとって必要な事です。これからも頑張れ。

 

※ 豊田 健心(堺本部)

一つ一つ上達しましたね。形(型)も組手も元気よく出来ました。練習を休まず頑張ってる成果が出ました。次の課題は力強さと丁寧さです。新しいステップへ向け練習して下さいね。これからも頑張れ。

 

※ 増田 陽友(堺本部)

不安だった形(型)が上手く出来ました。目線も良く力強く出来たように思います。組手は物怖じすること無く必死に立ち向かう姿が印象的でした。まだまだ荒削りな部分も多く見られましたが、今陽友が出来る事は、出し切れたと思います。これからも頑張れ。

【青 帯】

※ 泉並 まり(白鷺教室)

大きな声で一生懸命に審査に挑みましたね。形(型)に力強さと体幹のバランスが加わり良かったと思います。組手は緊張の為か、少し何時もより元気が無かったように思います。これからも頑張れ。

 

※ 泉並 優(白鷺教室)

形(型)は少し消極的でしたね。一つ一つは出来ていますが、心と体が別々に見えました。練習し自分の物にして下さいね。組手は気持ちが前に出過ぎ、少々空回りしてましたが良い内容でした。実力はもっと上に有ります。これからも頑張れ。

 

【繍 帯】

※ 善本 芽結(堺本部)

全体的にバランスの良い内容でした。形(型)の動きもスムーズで目線も良く力強さも有りました。組手もしっかり相手を見据え攻撃、防御も上手く出来てました。練習の成果ですね。これからも頑張れ。

【緑刺繍帯】

※ 山本 悠貴(堺本部)

持ち前のガッツ溢れる審査でした。練習でも後輩思いの悠貴の良い部分が審査に現れました。形(型)も技の切れが有り、組手も相手に挑む気持ちが良く現れてました。これからも頑張れ。

 

※ 岩越 涼(白鷺教室)

形(型)はもう少し元気が欲しいです。一つ一つ丁寧に出来てますが、ここ一番気合が足らないように思います。組手は荒削りながら淡々と自分の技を出せ、内容のある組手でした。これからも頑張れ。

 

※ 小山 大智(堺本部)

ふだんから黙々と自分の練習をし、一つ一つ技を丁寧に身に付けてきた成果が審査に現れましたね。焦らず迷わず自分の事が出来る大智は凄いと思います。これからも頑張れ。

 

【紫 帯】

※ 貞森 陽斗(堺本部)

上手くなりました。形(型)も組手も自分の物に成りつつ有ります。教室でも後輩とふれあい面倒見も良くカッコイイお兄ちゃんになって来ました。陽斗の良い所は無理難題に挑戦しようと言う気持ちです。一方で技と心に打たれ弱い面も有りますが、必死乗り越える姿はカッコイイですよ。これからも頑張れ。

 

※宮嶋 琉宇(堺本部)

教室でも大きな声で後輩達を引っ張ってる姿が、審査でも現れていたと思います。練習で幾度となく涙をのみ、繰り返し繰り返し練習してきた事が、技となり現れてましたね。順番を待つ琉宇の姿は勇ましくかっこ良かったですよ。これからも頑張れ!

【総 評】

父兄の皆さん両日とも足元の悪い中、昇級審査お疲れ様でした。今回の審査は、14日15日を通して元気よく挑めた良い審査だったと思います。

これは先輩達が培って来たことが、しっかり後輩に伝わってる証だと思います。

大きな声で元気よく挑めた事が、技にも現れ良い審査内容でした。

大勢の前で大きな声を出すことは、簡単そうで難しい事です。

先輩達が声を出してるので自分は、まぁいいか!では無く、先輩達に負けない位大きな声で挑んで下さい。

それが最初の第一歩です。

その気持が心を強くし、技が磨かれ、体を成長させます。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス