ジャンルの違うものは入れない | 整理収納やっちゃんです

整理収納やっちゃんです

整理収納アドバイザー1級(ハウスキーピング協会認定)。結婚してから引越を10回してます。その度に我家の持ち物と向かい合い、いろんな収納場所と対決しながら、モノを捨てたり、収めたりしてきました。

ミニュチュア写真家田中達也さんがテレビで言ってました。

 

写真撮影用のおびただしい量の小道具、50万体以上のミニチュアをホームオフィスで管理するために。。

たくさんの引き出しや棚を設営しているのですが、もし、ある引き出しの中のスペースが余っていて、

「ここは輪ゴムの引き出しなんだけど、後ろの方が空いてるし、ちょうど〇〇が入るからそれを入れよう」と別のものを入れてしまうと後で探すのが面倒になるそうです。

 

整理収納のセオリーですね!

 

あいたスペースがあるからと言って、そしてその空き状況にピッタリの収納したいモノがあるからと言って、その場に関係ないモノを収納してしまうと 

1)しっくりしない ので ラベルを貼ってもピントこない、収納場所を覚えにくい。

2)使いにくい

3)探しにくい

ということになってしまいがちです。

 

下矢印下矢印下矢印

引き出しはざっくりグループ分けして違うグループのものを

紛れこませない。