皆様、こんにちは!聖蓮黄色い花です。

 

今日も来て下さり、ご縁に感謝致します。

良き気づきがありますように・・・。

 

今日って、いい夫婦の日なんですね!すっごくタイムリーなお話をします!

 

私、数日前、結婚以来心につかえていたことを主人に聞いてもらいました。

 

喧嘩したのではなく、「ただ聞いてくれればいいから」と前置きしてね。

 

只今結婚27年目くらいです。・・・合ってましたあせる

 

私の心は、長女が0歳の時にカキンキラキラクリスタルを形成しました。

 

ある日、主人実家に相談に行ったのですが、たぶん主人、実家ではお利口さんを貫いていたので、私が持っていたようなイメージがなかったんだと思われます。

そして、家族しか信頼できないと言うか。田舎から出てきた家なので、なんでも家族で話合い、助け合う事がルールなところがありました。

だから主人のことを義兄はすごく可愛がっていました。

 

で、お金使いが粗くて、生活が出来ないと相談したところ、

 

「そんなに悪い奴ではないと思うから、長い目で見てやって欲しい」と義兄から言われ、

当時のメンタルが不安定だった私は、「そうですか。ではそうします。」となりました。

 

その時、「この家は、息子を何とかすると言う責任感がないのか?全部私に押し付けて・・・」

 

と思ってしまいました。

 

スピリチュアル道を生きるようになり、本質で生きれている今の私は、息子のことでも多大な協力をしてもらっている義母にも義兄にもちゃんと感謝できているのですが、心が一旦クリスタルを作ってしまうと、それに気づいて砕いてしまうまで、大病に繋がるくらいの勢いで、ネガティブなエネルギーとして存在します。同じく、過去世の出来事もDNAに組み込まれ、身体に蓄積されています。

 

この昔の感想をふと思い出し、あの日以来、関わりの中に「心の痛み」があると認識できました。

 

主人実家の家族会議は、主人だけ参加(一家の長だから)で、嫁は蚊帳の外なんだなと、いつまでも嫁は嫁という印象を受けていました。

義両親の育った土地柄で、女性の地位が低いこともあります。義父がまだ元気だったしね。

 

このような若い頃の私の無理解と主人に対する不信感が、主人の実家への恨みになっていたんだと気がついたのです。

 

「あなた達がそんなだから、主人があんな人格に育つんだよ!」という恨みと、「助けてくれなかった」と言う恨みがあったのです。

 

「そうか~、浄化してきたつもりだし、実家への気持ちは正常だし、主人のことも守ろうと思っていても、心のしこりって消えてないもんなんだな~」と、思ったのと同時に、

 

ここでスッキリしたほうがいい!と思ったのです。

 

そうそう、話すきっかけになったタイミングはね、主人が私のスピリチュアルな考えに時々ついてこれなくて、それにストレスを感じると言ったのです。

 

そこで、ちょっと待てと・・・、誰のストレスが私に来ていると思ってるの?ってなってねあせる

「パパ、聞いてくれるだけでいい。返事はいらないから話をさせて」と言い、恨みつらみをぶつけてみましたウシシ  ←とても穏やかにですよ。

 

私は、実家での一件以来、心の奥底で、あの時の対応をずっと恨んでいたんだと。

あの時に助けてくれていたら・・・って。それに、誰が私のメンタルを壊したのか?私がこれまで辛抱してきたことをあなたは忘れてしまったのか?ってね。なんでも私のせいにして自分を守っている。そういうの全部スピリチュアルに理解し、主人のことを思って、我慢してきたことを話しました。

 

主人、黙って聞いていました。

この話が出来るところまで主人の心が回復してくれていました。

主人の心が昔のままだったら、こんな話、途中で聞けなくなって激怒していたと思います。

主人も実際には分かっているんだけど、認めてしまう事を避けていました。

それが分かっていたから、言われっぱなしで我慢してきたんだけどね。

なにせ、私を非難した次の日、反省したのが分かるのです。この繰り返しでどんどん回復して行きました。

 

毎回、主人の心の声をキャッチし、理解することを続けてきましたが、インナーチャイルドのように、どこかで解放してあげないと、昔の私が真っ直ぐに生きられないのです。

 

主人に話したことも良かったのですが、このクリスタルに気づけたお陰で、実家への恨みが消え、初めて、頂いたお野菜を全部食べることができました!

 

あれですね、心は助けてほしいと思っていたので、物を貰っても喜ばないどころか、こんなものが欲しいわけじゃないんだよ!って思ってたんでしょうね滝汗 心の傷、恐るべし!

 

なんだか、自分でもこの闇に対し、怖いわ~って思ったショック

 

ここからはちょっとお遊び的なことになるんだけど、胃のお薬でね、消化を助けるだけでなく、胃壁を修復するタイプのがあるんです。

そのお薬は、ストレスが胃に来て痛いときだけ飲みます。

 

その胃薬を1錠だけ飲んで、テーブルの上に置いておきました。

なぜかと言うと、今、私が大きなストレスを抱えていると知らしめるためですにひひ

 

結果、「一人で抱え込むな・・・」と、まんまと罠にかかりました(笑)

 

27年かかって、やっと元凶が主人だと認めてもらえ、心の底からスッキリ浄化!

 

これからもこの作戦で、弱った感じで行きたいと思います。

 

こうやって自分が落ち着いてみると、主人が未だに自分に楽しみを与えることが許可できないでいるな~という部分が観えてきました。こういうところをね、実家はどんな育て方をしてしまったんだろう?と、主人を気の毒に思っていました。

 

あとね、今後子供達に掛かる学費や車の購入など、計画だって進めたいことがたくさんあるのですが、考え方が違うので、同じ方向を向くのが大変なんですね。だけど、以前と違って、ムカムカしながら聞いていた私はいませんでした。

 

そして、私の収入は当てにしてないとか、無いものと思えとか言われてきたので、スピリチュアルな事や、私のこれまでの精進を認めない気だなと思ってきたのですが、先日、主人の中から邪悪な「気」を取り除いたからだと長女がいってましたが、同じ言葉を聞いているのに、

 

スピリチュアルな収入は、生活費には入れないで、ここぞと言う時に使うようにしろと言っていると新たな理解が出来たのです。初めてそう聞こえたのです。

 

この変化、凄くない??

 

この収入についても霊能者から助言をもらっていました。

 

もし、私の仕事を否定してくるような人がいたら「これは私の生業(職業)です」と言いなさいと。

「仙人じゃないんだから霞を食って生きていけないでしょ?」ってね。

 

このことも途中で思い出し、そう言われたのは、今日のこの時の為の言葉だったって思ったと伝えました。

 

今回の収入に対する解決は、それならそうさせて頂こう!と有難く受け止めることにしました。

私としては、夫婦なんだから、パートをするように、協力するものだと思って来ましたが、貯めていいならそうしたいよね。

 

私達家族は、高次のサポートのおかげで人生の流れがしっかりと構築されています。

だから、爆弾が投下してもすぐに復興します。

そして、一旦破壊して、正しく築き上げていきます。

 

今年の占星術の中にも「破壊」というワードが何度か出ていましたよね。

 

思うに、まず破壊するべきものは、勇気をふさいでいるフタでしょうね。

 

頭では、分かっていても、行動に移すことが難しいって時ないですか?しかも長く抜けだせなかったりしませんか?私のトンネルもかなり長かったよね(笑)

 

パートナーのことは、もうどうでもいいんだと言う方は、そのままで。

 

そして、なぜ夫婦として上手く添い遂げることが出来なんだろう?と悲しく思っている方で、

離婚しないのであれば、ここから先の人生を掛けて、修復に向かってみてください。

 

上手く達成できるかどうかは、やってみないと分からないけれど、インナーチャイルドやアダルトチルドレンな部分が原因なら、現実的な向き合う方法もあります。

スピリチュアルカウンセリングを受け、インナーチャイルドの癒やしを続けることで、分かってくることがあると思います。その真実をどう生かしてくか?これが出来れば、納得して夫婦を続けることが出来てくると思います。まだまだ辛いことはあるかもしれないけれど、居場所のないアダルトチルドレン達は、家庭を壊したいわけではないのです。「分かって欲しい」だけです。

その為に爆弾を投下し続けているのです。

 

アダルトチルドレンの発見方法は、「癇癪」を起こすかどうかを見てください。

話を最後まで聞かないし、都合が悪い話になると、激高します。そうやって、認めようとしないのです。

 

主人もずっとそうでした。

息子の大学受験の頃も、実家からはもっと二人で話をしてみたら?と言われましたが、

「いやいや、こんな人とどうやって話し合うの?出来ないから相談に来たんじゃない。」と心の中で思ってました。あの頃は攻撃に次ぐ攻撃で、次女はそれがトラウマになるし、散々でしたね。

だけど、息子が大学に合格してくれたおかげで、主人が受験の呪縛から解かれ、次女はなんの攻撃も受けず、塾にも行かせてもらい、安全な状態で過ごしています。

 

時々、息子に無茶苦茶言ってしまったと反省の弁が出るようになっています。

 

このようなパートナーの状態があるとしたら、それは、本人には責任がない事なのです。

育ててきた親に問題があったのです。

子供の性質をよく理解していなかったことが問題を引き起こしています。兄弟が多いとか、親に構ってもらえずに育ったとか、心の不安や孤独感がアダルトチルドレンを生み出します。

「機能不全な家庭で育った子供」がアダルトチルドレンなのです。

 

主人の場合は、義母が早くに母を亡くし、後妻さんがきて、おばあちゃんに育てられました。

父親のことを怖いと思っていたそうです。そして、嫁いだ先の旦那さんは、バリバリの亭主関白と来たもんだから、自分を出せずに生きてきた人です。字を書けば汚いと叱られ、家事をしていては、遅いと叱られ・・・、みたいな感じだったようです。

それでも、「おとうさんはそんなに間違ったことをいう人ではなかった」と義父を信頼しています。

大阪の主婦からしたら「おかしいやろ!」と言いたいところですが、これは依存なのです。

厳しい人だけど、それに従っていれば自分は何もしないでいられると言う依存です。

 

常に義父に叱られる母親を見て育った主人は、学校から帰ると、「お母さんは?」と毎日聞いたそうです。義母はそれを嬉しいと思ったようですが・・・、そうじゃないよって分かりますよね?子供は、不安がっていたのです。家庭なんて持ちたくないと思うでしょうしね。

なのに、結婚したから主人の心が壊れたのです。

そして、私達は、もれなく主人のお試しの標的になり、パワハラのような毎日を過ごすことになったのです。

「この家族は自分に居場所をくれるのか?」というお試しです。

愛情いっぱいに寄り添ってあげないと、アダルトチルドレンの心を正常には戻せません。

 

なので、離婚を考えていない方から頑張ってもらいたいと思っています。

そうなんだ、うちも同じだ!と、離婚を留まってくださった方も大歓迎です。

 

この解決は、私達も心が壊れそうになっているので、まずはその部分から修復し、アダルトチルドレンに対峙できるメンタルに強化しておかないといけません。

 

最近は思うのです。出来るところまで頑張っても無理だと思うのなら、それでいいと。

私自身、大変だったし、スピリチュアルに支えられていたので、乗り越えられましたけど、それがない状態だと厳しいだろうなと思うからなのです。

添い遂げたとしても、ずっと最後まで苦しいものね。それでは、ご自身の人生がないと思うのです。私も途中で思いました。切り捨てることも学びなのかなと。

私達を失ってこそ分かることもありますからね。

ただし、気を付けて欲しいのは、酷いDVがあった場合は、裏切ったと思われて命の危機に陥ることがありますよね?安易に近づけないし、ずっと恐怖に苛まれます。

そうなってはいけないので、離婚は仕方なくても、和解できることが一番良いと思います。

 

全ては、愛なのです。愛があらゆる状況を変えて行きます。それが宇宙の叡智から生まれる慈悲の心や、無条件の愛なのです。

 

来年を良くしたいのなら、今年から行動してみてください。

次のいい夫婦の日が、幸せでありますように・・・。

 

今日は、主人がリビングの蛍光灯を交換してくれました。

そしたら、リビングがすっごく明るくなってひらめき電球、心もハッピーになりましたラブラブ

レイキで浄化したわけではないけれど、部屋が明るくなって、天使達が喜んでくれているように感じました。

 

いい夫婦の日にピッタリな、一日でした。

 

この時の空は、すごく明るかった照れ

 

虹最後までお読みいただいたことに感謝を込めて・・・。

大天使ガブリエルのコミュニケーションのエネルギーをアチューンメントしてあります。

和解したいと願ってクリックしてください。


人気ブログランキング