切り落とした竹の子は?

竹の子の加工は、缶詰のほうが賞味期限も長くまた割安ということで、多くの方は缶詰に加工されます。

その際によく耳にするのは
「せっかく立派なのを採ったのに、切るなんてもったいない。(´д`lll) 」

その通りですよね~。
できることなら、そのままの長さで自慢したいヽ(゚◇゚ )ノ

という事で、立派なものだけLLサイズのビン詰にするようにしている方も増えて来ました。

しかし、缶詰よりは長い、ビン詰にするには短い、という竹の子の場合、どうしたらよいか?
という方にはこちら!

「切り落とした部分だけで缶詰をつくる」


結構入るんです、これが。

切り落とした柔らかい部分だけでも、加工せずに食べきるのは結構しんどいものですよね。
しかし、他所様にその部分だけ差し上げるのも…。
そのような方にもぜひオススメします!

「これだけに170円をかけるなんて!」
とお思いになる方もいらっしゃるかもしれませんが、シーズンオフにスーパーで買って食べる事を考えればお得だと思いますよ!(なんてね…)

写真では簡単にカットしただけですが、奥様のご要望に添ってカット方法を変えれば、とっても使いやすくて便利ですよ!

ぜひお試しください~