防犯教育(不審者侵入)

テーマ:
 不審者が園内に侵入したことを想定して防犯訓練が行われました。
 本来ではIDカードを持たない知らない顔の方を園内に入れることはありませんが、万が一保護者の方に紛れて侵入した場合…
 まずは進入した不審者を刺激してはいけないので、保育室に緊急放送が入ります。保育者はすぐにカーテンを閉め、保育室のドアを施錠、子どもたちを保育室真ん中に集め安全を確保します。
 警察に通報後、到着するまでの間、警備員や職員が不審者が危険な行動をしないよう、さすまたで取り押さえるなどの対応します。
 
 子どもたちはこの後保育室で、知らない人やこわい人に声をかけられたときどうしたらいいか、「イカのおすし」のお約束を先生から聞きました。
イカ・・・知らない人について行かない
・・・知らない人の車にらない
・・・きな声を出す
・・・その場からぐににげる
・・・大人の人にらせる
ご家庭でもまた、お子様が安全な行動をとれるよう、お話してみて下さいね。
 
 
この時点でIDカードを持たない、知らない顔の方を入れることはありません。
出来るだけ園の奥へ侵入しないようにしますが、もし入ってしまったら…
不審者を刺激しないように、保育室に放送で不審者が侵入したことを知らせます。
カーテンがある窓や扉はカーテンを閉め、施錠します。
 
 
さすまたで不審者を取り押さえます。
 
 
 
子どもたちは保育室の真ん中に集まって安全を確保します。