皇居一般参観のエネルギーを浴び、パレスホテルの最高級中華に酔いしれる。地球は素晴らしい。 | 生きる喜びを伝える伝道師〜くりはら せいこのブログ〜
新型コロナウイルスに関する情報について

生きる喜びを伝える伝道師〜くりはら せいこのブログ〜

生きることは苦しみではなく喜びであるということを伝えています。
著書に、精神科医の齋藤学氏との共著『ヘンでいい。』

対話を使ったセラピー、魂のメッセージを伝えるソウルリーディング 、セルフラブグループ、笑いヨガリーダーなど、対面では東京を中心に活動中。

8月に、私のアカシックの先生でもある

はっしーのイベントに参加したということは書いた。

はっしーの、お江戸GP ツアー 早朝 1dayグラトラ in 東京に参加した。

 

 

江戸時代に自分と関係のあった土地を

3箇所はっしーから教えてもらって、

そこに直接行ってみるというイベントだった。

行ってみて、その場所からZOOMではっしーとやりとりして、

自分の自己実現を後押ししてくれる

ポイントとなる場所(GP=グランドポイント)を探し、
その場所とつながるというイベント。

何を言っているかわからないと思いますが、

興味のあるひとはこの本を読んでね。

 

 

 



で、この時の経験がなかなか興味深くって。

グラウンドポイントのせせらぎのところに行ったら、

自分の内側から清らかになっていく感覚があったり、
石碑のところでものすごくざわざわして

声のような音のようなものが聞こえたり。

最近はオンラインが当たり前になって、

家から出なくてもなんでもできるから

そっちの方が楽だと思っていたんだけれども、

実際に足を運んでリアルで

五感を使って体感するのはやっぱり重要だなーと。

それでもっとグランドトラベルしたくなったんだけど、

上記のはっしーの本を読んだら、

どこもかしこも遠くて僻地だ。汗

車の運転ができない自分にはキツイ。
なのだが、行けそうなところから行ってみようと。


で、霊性という項目の中にあった

「皇居」だったら今すぐにでも行けるじゃん。

というわけで、

早速、一般参観を申し込んで行ってきましたよー。



どうですか!
この雲ひとつない青空。
本当に気持ちいい!

案内してくれる人も、

こんなに雲ひとつない空も珍しいと。

そして

コロナのおかげで(?)

人が少ない!!

コロナ以前だったら200人くらいの参観者がいるらしいけど、

20人前後?


私はなんと寝坊して

出かけなきゃ行けない時間に目がさめるとテイタラクぶりで

行こうかどうしようか迷ったけど、

行ってよかった!


そして、見て!!

これ見えますか?





鳥がいるの、わかります?

案内人の人いわく、

「お堀から鳥が迷い込んでいる。

こんなのをみるのは初めて」と。


えーと、

 

わたし、鳥とのご縁がものすごくあるのです。

それについては

また次の投稿で改めて書くつもりですけど、

ここでもかという感じ。


皇居のエネルギーは

さすがというか、

なんというか。

 

地に足がついているというか、

内臓や細胞にダイレクトに

エネルギーが届くという感じなんです。

 

これが、日本か。

っていうような。

途中の木の多いところが一番すごくて、

参観では入れないところは
もっとすごいんだろうなと想像しました。



せっかくきたんだからと、

帰りに売店で小箱とおせんべいを

お土産に購入。

 

そして帰りは

皇居のすぐ近くのパレスホテルにある中華で

ランチコースを。

https://www.palacehoteltokyo.com/restaurant/amber-palace/

 

 

*ほんとはお堀を見下ろせるレストラン「アラスカ」

というところに行くつもりだったんだけど、

なんとコロナで8月末で閉店になってました。涙*


 

よく知らないで行っちゃったんだけど、

ミシュラン一つ星の中華だったらしい。

滅多に来ないと思って
3500円のコースを頼んだんだけど、

めちゃくちゃ美味しかった。

今度は上海蟹を食べに来たい。

 

 
 
 
 
 
 

美味しかった!

でも5階だったけど、
窓から皇居やお堀が見えなかったのは残念。

と思って一階まで行ったら、
窓からお堀が見えて、
白い鳥が優雅に泳いでいた。

 
 


あー。
お堀のエネルギーも素晴らしいし、
水と空の青さが
この世のものとは思えない美しさで。

そこに一羽の白い鳥。


白鳥はかなしからずや空の青海のあをにも染まずただよふ

という若山牧水の短歌を思い出した。
この短歌が大好きだったな。

その短歌がそのまま絵になったような、、、


やはり地球に来た以上は、
リアルで歩いて五感で感じて
味わって触れ合って
地球というものをもっと知りたい。
 
この地球という宇宙の豊饒さと豊かさを。


 

 

《人気記事》 メモ症状に関心のない精神科医が私の人生を変えた

メモバーバラ・ブレナン『光の手』『癒しの光』〜意識と意図が現実を創る〜

メモ死んだ2匹の犬が、生まれ変わって、また私のところに戻ってきた。

メモりっぱすぎるものへの違和感と、『しょぼい起業で生きていく』への共感

メモ人間関係をよくするために、まず、やらなければならないこと。

メモいい人をやるのは、今すぐやめろ!!
メモ自分が創造者だとしたら、その創造者の自分は何から始めるだろう。

 

 

プペコン自分の魂から生きる!!ダイアローグセラピー 
(オンラインでご提供中のセラピーです)

 

noteんでほしいメッセージをまとめています)

「ほしそらつきうみ書店」間借り書店をやっています)

著書『ヘンでいい。』(大月書店)

くりはら せいこの半生

 

お問合せはこちらから 右お問い合わせフォーム

twitterのフォロー歓迎右基本タイプTwitter

 


 

精神科医の斎藤学氏と共著。

『ヘンでいい。』(大月書店)

アマゾンから購入できます。