2007/12/2

テーマ:
 本日は素晴らしいものを観た。
 グローブ座で昨日から二日間だけ催されていた『ザ・グローブ・プロジェクト』である。
 
 アドバイザーに入っている福澤(諭志)くん(演劇界で知らない者のいない裏方集団「至福団」所属)が以前、俺と一緒に『レミゼラブ・ル』に参加しているとき、「ブルースカイのこの才能を放っておくわけにいかない。ジャニーズと学生がコラボする企画があるので強力にプッシュしたい」と言っていたのだが、その願いが実現したのであった。

 全体としては二本立て。
 ブルースカイ担当は二本目の一時間半。
 タイトルは『守ってください』

 あたかも掌編のごとき題名だが、冒頭に群舞シーンが入って完全に『レミゼラブ・ル』同様の大型な演劇であることが示される。俺はその群舞でほとんど泣きそうになった。「ああ、とうとう現在のブルースカイが到達した独特の世界を観客として観ることが出来るのだ!」という異常な盛り上がりに酔いしれたのである。

 そして、あとはめくるめくブルースカイ・ワールド。
 親が金持ちのためボディガード付きでリングに上がり、連戦連勝を遂げる青年ボクサーを主人公に、“『NANA』の中島美嘉とかぶり続けるヒロイン”アイコが大活躍。
 物語のいかにもな展開にたびたび疑問をはさみ、演劇の決まり事に異を唱え、しかし純粋な心の熱さではどの役も負けていない。
 さらに、演劇とはこうしたイメージの多重化をこそいうのだ、と感激してやまないような演出の数々(例えば、アイコが“多重人格を治すためのムヒ”を吸うように飲むと、様々な衣装のアンサンブルが現れて「使用上の注意を」と言い始める。だが、そのあとの「守ってください」を言うのは主人公ハジメのみで、すなわち文章上の意味はそこで一気に屈折する。ああ、セリフの原初の魔力!!)。

 そして当然、まったく気分の晴れない壮大なラストシーン(笑)。
 
 これこそが文学だ、と俺は思った。


 村松(利史)さんもジャニーズ・ファンにまぎれて席に座っていた。
 拙者ムニエル村上くんもいた。
 怪しい連中はしっかりと、ブルースカイを観に忍び込んでいたわけだ。心強いことである。


 ブルースカイの不思議な世界と緻密な演出に、学生俳優陣はよく応えていた。ジャニーズの町田慎吾君、米花剛史君も同様である。
 
 ちなみに、さっきブルースカイから来たメールによると、“今回はゆるめのナンセンス劇なので、せいこうさんには中途半端かもしれません”とのことで、俺は笑った。じゃあ、ゆるくない劇ならどこまでいくつもりなのか、ブルースカイ。
 自分の達した地点にまるで無自覚という点で、やはり奴は天才だ。


 再演を激しく望む。


 
 そのあと、赤坂で演劇ユニット「プロペラ犬」、旗揚げ公演『マイルドにしぬ』を観る。芝居のはしごですね。
 水野(美紀)さんはやっぱりそうとうに幅のあるコメディエンヌ。特に黒い笑いに強い。
 ナンセンスの味もにじみ出させ得る珍しい女優。

 なにしろブルースカイに染まっていた俺は、ひたすら“ああ、この人がブルースカイの芝居に出たら、どんなに素晴らしいことだろう”と、余計なことばかり考えた。

 
 
AD